◆平家物語

2017-07-01 | お出掛け
◆N4 青葉の笛 倍賞千恵子

倍賞さんの美しい声で歌われる「青葉の笛・1番」は
「巻九・敦盛の最後」を。。
「青葉の笛・2番」は
「巻七・忠度(ただのり)都落ち」を歌ったものでしょう。


昨6月30日は、福岡へ・・・
九州市民大学6月の講義 を聞く機会を頂きました。
    『平家物語』の本当の面白さ
  ――人間的な、あまりに人間的なこの軍紀文学―― 

講演は、林 望(はやし のぞむ)氏・・・


源氏物語と平家物語は、古典文学の双璧ですね
一部分なりとも 読んだ or 耳にした事が お有りでしょう。

源氏物語は、紫式部が石山寺で書いたといわれる純文学・・
平家物語は、鎌倉時代に纏められた軍記・・と云いましょうか?
平家の起こり~~源氏に敗退し 壇ノ浦に沈むまでを書いています。

林先生によると 滅びた平家を伝える 鎮魂の物語は・・・
琵琶法師によって語り続けられ 付け加えや編集を経て
~~本、◎◎本、△△本、、、沢山の本になったそうです。   

私、「日本古典文学大系・平家物語上・下巻」を持っていますが
全部を読んではいません 読めません。

”滅びの文学”とは 何んとも悲しい! 
美しく流れる文章は 音読に適していますが
読み進むうちに 思わず涙することも度々です。



講演の後、先生の朗読は読むほどに盛り上がり 流れる様で
参考のプリント、数段を一気に朗読されました お見事でした!

 
そして、スポーツシャツ、綿パン、スニーカー(?)姿で
足取り軽く降壇されました。
「そのまま、夜の博多を散策されたかも知れないですね」・・・ 

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セヴィリアの理髪師 | トップ | 何処へ行くの? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hiromiko)
2017-07-01 20:55:46
chikaさんこんばんは
源氏、平家~あの頃は夢中で読みました。
今は頭に入りません。
難しいお話に参加されるとか流石chikaさん
今は頭の中でチャンポンに成ります(笑)
眠らずに話聞く事が出来るとは~
もし私が参加すれば眠り薬に成ったでしょう
先生に失礼ですよネ
hiromikoさまへ (chika)
2017-07-02 12:51:53
今日は~ すっかり元気になられましたか?
もう、7月です 半年すぎたとは・・
梅雨らしい雨が降らないのに 台風ですって!?
用心なさって下さいネ
古典大好き人間なので眠くは無かったです
楽しく・嬉しく聞きました
如何に纏めるか 大いに悩みましたけれど(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL