語学教師の徒然日記

政治や外国語その他いろいろなことについて思うことを記します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

小泉首相と新自由主義

2006-01-08 15:27:32 | Weblog
小泉首相は「小さな政府」を目指し一連の「改革」を実行に移そうとしている。「小さな政府」が自明の善として宣伝され、「改革を止めるな」が合言葉として幅をきかしている。何より市場原理を優先し自由競争を促進する立場からの「改革」であるから、当然優勝劣敗の社会をもたらす。これは、サッチャー・レーガンから20年遅れの新自由主義だ。この路線で改革を進めれば、富むものはますます富み貧富の格差が拡大する。その富は社会の下層部に再配分されることはなく、社会保障、教育、医療等公共サービスは著しく低下し弱者は切り捨てられる。そして社会は土台から崩壊を始める。
 以上は20年前のイギリスを見れば明らかなことなのだが、メディアではこの新自由主義の陥穽を指摘する声は残念ながらあまり聞かれない。
 確かに、小泉首相の功績を認めるべき点もある。それは旧経世会の集権的再配分という利権政治を打ち壊したことだ。腐敗した構造を壊した点は評価に値するだろう。ただその後に来るべきものが問題だ。「官から民へ」の合言葉にのって市場原理最優先の改革が行われれば、社会保障・福祉などの分野への予算が著しく削減される恐れがある。
 壊し屋小泉とその継承者は壊してはいけないものまで壊してしまう危険が極めて大きい。このままにしてはおけない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 個人は憲法違反できない | トップ | グローバリゼーションと欧州 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
サンプロ公安特集が何故か放送されない (toku)
2006-04-09 11:53:25




先々週のサンデープロジェクトで「公安警察の実態」を特集で報道しました。

3部構成で第一部は「反戦ビラを撒いただけで何故逮捕されるのか?」でした。

小泉政権にすっかり恭順した大谷昭宏がメインで報道してました。

小泉政権専属報道番組サンプロで何故報道したのか?

「?」ではありましたがなかなか見ごたえがありました。

次週は第2弾ってことで期待していたのですが、当日になったら何もなかったが如く放送されませんでした。

そして本日も何事もなかったかの如く…



間違いなく圧力でしょう。



みんなの力で糾弾しませんか?
小泉に認めるべき点は何もない。 (地方に住む一市民)
2006-10-09 00:22:26
《小泉首相の功績を認めるべき点もある。それは旧経世会の集権的再配分という利権政治を打ち壊したことだ。腐敗した構造を壊した点は評価に値するだろう。》上記意見には賛成出来ない。なぜなら与党自民党の中の護憲派を郵政民営化で排除しその結果従米小泉一派の独裁化を強める結果となった。小泉に認めるべき点は何もない。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
トラックバックセンターを作りました (Under the Sun)
 戦後日本は、高度経済成長を遂げ,様々な問題は抱えながらも、総中流社会と呼ばれる豊かな社会を築いてきました。しかし、昨今の社会情勢は、一部の持てる人がさらに豊かになり,そ
そうだ、マグマだよマグマ。3419万4372票の怒りのマグマがフツフツと、地中深く静かに滾り(たぎり)はじめている。 (雑談日記(徒然なるままに、。))
 掲示板で見つけた言葉で実にうまいことを言うと思った。 反小泉3450万人が、ワ
本日確認、「改革ファシズムを止めるブロガー同盟」のリストからはずされました。 (雑談日記(徒然なるままに、。))
 エントリー、「反小泉ブロガー同盟主催「輝け、小泉迷言大賞」(企画案)に賛同の挨
年金問題の危険な罠 (晴耕雨読)
 少子高齢化で働ける人が少なくなるのだから、年金給付を減らし、社会保険料を増やし、消費税の増税をしようという方向で議論が進んでいます。  ですが、ちょと待ってください。ここには、二つの罠が仕組まれています。 1)生産年齢人口の減少と総生産(GDP)の減少が
小林興起さんからのお返事 (とむ丸の夢)
メールをありがとうございます。 日本が『改革』と言い出して早15年、 平成に入ってから11人の首相が誕生しましたが『改革』を 主張しなかった首相は一人もいませんでした。 兎角政治家は『改革』が好きなわけですが、現政権の推し進める 弱者を切り捨てる自己中心的
変な英語の「STOP THE KOIZUMI」バナーじゃ恥ずかしい。日本語のバナーに変えよう。 (雑談日記(徒然なるままに、。))
 定冠詞の「THE」の使い方もおかしく、「STOP」の語法も変なこんなバナーは反