Wood&Life2

木材と人間の関わりを考えてみました

合成木材(人工木材・樹脂木材)の欠点その4:熱くなる(冷たくなる)

2016-12-20 10:28:44 | 日記


ものが熱くなるかどうかは熱伝導率で決まりますが、この熱伝導率は木材の場合比重で決まります。合成木材の場合はおおむね非常が1.3ぐらい。これがデッキ用木材でも重い部類のハードウッドの場合は比重が1ぐらいです。これが軽いレッドシダーになると0.35ですから、夏場一番熱くなるのは合成木材と言うことになります。どれぐらい熱くなるかと言うと、夏に合成木材の施工をしていると、フライパンの上で仕事をしているような気になります。当然裸足や靴下では熱くて作業ができません。
この欠点についてはどの合成木材のメーカーも「夏場は火傷しますから裸足では歩かないで下さい。」と記載していますし、設置された一般のお客様もすぐに気づかれることですので、合成木材の欠点として一番認識されているところです。しかし、この欠点はそんなに大きな問題ではありません。それよりも先に記載したその1からその3までの欠点の方が重大です。それは例えば夏場のプールサイドやビーチを考えて頂ければ分かりますが、これらの温度も裸足では火傷するぐらいに熱くなりますが、やけどするまで立っている人はいません。それよりも物理的な問題として熱くなることによって熱膨張して変形したり、強度不足になって割れたりすることの方が問題ですし、一般の方が重要視する木材の雰囲気のために色あせのないものを希望して設置したつもりが、確かに色あせはないものの、薄汚れてデッキの上でくつろごうと言う気にならないと言うことの方が問題であると思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合成木材の(人工木材・樹脂木材)の欠点その3:強度がない

2016-12-19 12:26:39 | 日記



合成木材の素材は重量的には建築で使われるヒノキの材料と比較すると2倍以上の重さがありますが、木材のように繊維がありませんので、重い割には強度的には弱くなります。そのため強度をアップするために、中を空洞にしてデッキとして使えるようにしていますが、何か硬いものが当たったりすると割れてしまいます。



また、素材の膨張収縮があったりするとビスの周りの強度が不足して割れてしまうことになります。
これらを解決するたに、中空のデッキ材の中に軽い発泡性の樹脂をつめたりして強度を上げる工夫をされているメーカーもありますが、製造メーカー曰く、「合成木材は発展途上の商品だと理解して欲しい。」と言うように、木材以上に完璧なものを求めることに無理があります。やはりムクの木材と比較して合成木材の方が良いところ(ひび割れがない、とげがささらない)を必要とする場合等の適材適所で使う商品で、すべてのデッキを合成木材にすることは無理があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合成木材の(人工木材・樹脂木材)の欠点その2:汚れる

2016-12-19 10:50:22 | 日記
合成木材(人工木材)は本物の木材と比べて色あせが少ないと言う長所があります。そのため施工する業者にとってはクレームがなく良い商品なのですが、これが数年経過すると何とも汚くなってきます。



原因は、合成木材が完全なプラスチックではなく木粉と半々に混ぜて作っている関係で(そのため木材の雰囲気も出ます)、多孔質で吸水性があり、汚れが染み付いて、しまうことと、プラスチックが半分ですので静電気でゴミを吸着し、余計に汚くなってくるからです。そのため、数年経過すると木材のように色あせてもそれなりの風情あるものと、写真で撮ると綺麗だが近くで見ると薄汚れたものとを比較すると、デッキとしてどちらを選ぶかと言われると本物の木材の方が良いと言うことになります。



しかし施工業者にとってはこの汚れると言うのはクレームにはなりませんので、販売上は合成木材を勧める方がベターと言うことになります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合成木材(人工木材・樹脂木材)の欠点その1:変形するその2

2016-12-16 18:01:10 | 日記


これは会社の近くのハイキング道の入り口の手摺です。木材であれば、手摺の横木として全く問題のないところですが、合成木材は、木材のように繊維がありませんので、支えがないと日照による熱で段々変形してきます。合成木材は一般の木材にはない長所(ささくれやひび割れがない)がありますが、この2点以外は高耐久の木材と比べると欠点の方が多いと言う素材ですから、使う場所とを使い方を合成木材に合わせた使い方をする必要があります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

合成木材(人工木材・樹脂木材)の欠点その1:変形する

2016-12-15 14:14:26 | 日記


これは社内で在庫していた合成木材(人工木材)です。奥の短い材料は2本を結束して、ちゃんと保管していたので、曲がっていませんが、手前の長い床板は単に立てていただけで、支持する部分がない状態でしたので、何もしていないのに、このように曲がってしまいました。しかし実際にこの材で施工する時は元に曲げながら施工しますのでトラブルにはならないのですが、問題は設置後に曲がった床板は補正ができないと言うことです。つまりデッキの床板の場合、一旦設置してしまうと常に一定方向から荷重がかかりますので、合成木材の場合は大なり小なりこのように曲がり、もとに戻ることがありません。木材の場合は繊維が長いので、設置した後、荷重で曲がってくると言うことはないのですが(スパンを3mぐらい飛ばすと曲がりますが)、合成木材の場合は根太と根太の間をよほど小さくしないと、このような欠点が出てきます。そのため、設置して数年経過すると、合成木材特有の汚れと相まって、みすぼらしくなってきます。
これら合成木材の欠点(色あせの汚さ、強度的に弱いこと、夏は裸足だと火傷するぐらい熱くなること)は弊社が受注する時は必ずお客様に説明しますが(木材の場合もそれぞれの材種の欠点を説明します)、一般的にエクステリア業者さんはお客様に、材料の長所は説明されていますが、欠点を説明されることが少なく、またエクステリア業者さん自体もご存知ないケースが多いのが実情です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加