シロとマー母さんの日々
僕シロとお母さん、時々お父さんの毎日だよ




午前中は掃除、午後は田吾ちゃんママ宅に集まってお茶会。

湖太郎くんも大きくなっていました。
うちの子たちより大きくなるスピードが早い気がします。
手足も長くガッチリ、大きくなるのでしょうね。

早く新聞に飼い主募集の広告乗せた方がいいと言われたけど私自身も早くしなくちゃとは思ってる。
飼い主さんが現れない心配より里親詐欺に遭わないかが心配で中々新聞に申し込む勇気がないんだよね・・
知り合いにもらってもらうのが1番いいのだけど猫飼いさんはみんな自分の猫で手一杯・・

なんでこんなことになっちゃったんだろうねぇ・・
迷い猫の柑太郎を手術したら「あなたんとこはお金持ちだねぇ」と近所の人に言われた。
お金持ちはあなたのとこでしょ、お金の使い道が違うだけよ。と心の中で答えた。
ほんとにお金あったら保護猫小屋でも建てて猫の一時預かり場所提供するわよ。

あれは先週だったか、田吾ちゃんママから 朝から悲しいお知らせだけど・・とメールがあった。
近所の飼い猫シロオ(本名シロ)が田吾ちゃんママ宅の床下で変わり果てた姿で見つかったとのこと。
姿見なくなってから2週間は経ってるそうでいつ虹の橋渡ったかは不明・・
まる湖と同い年のまだ2歳。
飼い猫だと言うのに早すぎる。
子猫の頃は可愛がってもらったようだが大人になってからはほとんど外で暮らし、家人が留守だとご飯も食べられず田吾ちゃん宅でもらったりしてたようだ。
去勢してなかったので喧嘩もよくして手怪我もしてた。
そういうことが続いて体力が弱ったのか、エイズだったのか。
連絡したら家族で迎えに来られたようだけどこうなってから迎えに来ても遅いわ、と思った。
去勢してきちんと怪我の手当てもしてたらもっと長生きしたに違いないのに。
シロオは新聞広告でもらわれてきた子らしい。
うちの子たちもこういう飼い主に渡っちゃうと・・と思うと自分で育てた方が安心だと思うよ。
でも20年生きると計算すると私はよぼよぼのおばあさんになってるかもしれないし無理かな
第一プラス4匹はどう考えても経済的にも無理でしょね。

湖太郎くん見てるとこの子は幸せだなぁ、と感じた。

なんだかんだと怪我したり病気したりしても長生きできてるシロ。


背中の毛が薄くなって新しい皮膚が見えてますね。


毛並みはボサボサになってきたけど顔は変わらず可愛いと言われてる。


昔の写真と比べると顔が細面。
前はもっと丸顔だったよ。

にほんブログ村人気ブログランキング主婦へ ポチっと応援よろしくニャ? 

シロオ君の発見も臭いで分かったそうです。
寒い冬だったらもっと発見遅れたかもしれません。
シロやまる湖とは最悪の仲でしたが 冥福を祈ります 

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )


« カラー最後の日 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 可愛いまる湖 »
 
コメント
 
 
 
Unknown (プーペロ)
2016-10-09 12:19:11
こんにちは。
未去勢のシロオちゃん、田吾ママの家で亡くなっていたんですね。
猫って体がしんどい時は、一番安全な場所(自分的に)に隠れて身体が回復するのを待つんですよね。
猫は「死」もわからないから、そのまま亡くなることもあるんだけど、シロオくんにとって自分ちではなく、田吾ママのとこが安心できるとこだったんだ。
そこの家はなぜ猫を飼うんだろう?
もらってくるだけで放置、ワクチンと去勢をすれば外に出る子ももっと長生きできるのにね。
幸せな子とそうじゃない子・・・不憫ですね。
 
 
 
Unknown (猫の妖精)
2016-10-09 21:11:40
シロオちゃんのご冥福をお祈りします。
人間の子供も親を選べませんしにゃんこも
飼い主を選べないのが可哀想です。
知ってる方でもそうですからまったく知らない
人の所へ譲渡するのは覚悟が入りますね。
世界1の長生きしてる猫さんを飼ってる人は
2番目も長生き猫さんだとか。
シロちゃんも長生きして下さいね。
私もマー母さんもにゃんこの為に長生きしましょう。
 
 
 
Unknown (Gavi)
2016-10-09 21:15:40
なんか切ないね・・・
おうちはもし環境が許すならにゃんこもお外行かれるのっていいなぁ・・・って思ってるけど・・・
シロオくん、自分のおうちじゃなくて別のおうちの田吾ちゃんちおうちの床下で・・・って。
安心して暮らせるおうちじゃなかったのかなぁ・・・って思っちゃうよ・・・
かわいがってもらえなかったのかなぁ・・・
なんでそのおうちの人はわざわざ新聞でみて、猫もらったんだろう・・・
なんか切ないなあ・・・
 
 
 
全くそうだね (モコ)
2016-10-09 22:51:30
何だか切ないですね。
放置は猫にとっても不幸だね。
 
 
 
仔猫欲しがるのは・・ (シロち)
2016-10-10 07:44:22
仔猫を欲しがったのはお子さんのようです。
可愛い仔猫は子供にとって良い遊び相手だったのでしょうが、大人になったネコは発情期迎え外に出てで歩きます。
家人がお勤めに出たり学校行ってる間家に帰れなくなります・・
どこの猫にも喧嘩仕掛けシロも怪我したことがあります。唯一仲が良かった田吾作ちゃんと一緒に遊び、一緒にご飯ももらえました。
田吾作ちゃんが亡くなってからは相手してくれる猫もいなくなり孤立した状態・・
よく怪我して血を流したりしていました。

子どもさんは走り回る湖太郎くんを見てまた猫飼いたいと言ったそうです。。
シロオくんの遺体を上の子にだけでも見せて(かなり厳しい状態ですが)猫もちゃんと飼ってあげないとこういうことになると教えた方が良かったんじゃないかと田吾ちゃんママたちと話ました。
子どもにはトラウマになるかもしれないね・・
親御さんは玩具与えるみたいに仔猫もらってきたのかな。(無料だし)
雄は子供産まないから去勢しなくていいと思ったのだろうし、猫ワクチンがあるなんてきっと知らないのでしょうね。

近所のことなのでこちらに状況書きました。
 
 
 
責任を持って飼うべし (掛合の田舎っぺ)
2016-10-10 20:21:38
最後まで責任をもって飼うことが出来ないのならば、ペットを飼うことを止めてほしいですね。
子供に玩具を与えるような安易な気持ちで飼われた猫はあまりにも可哀相です。我が家には2匹の愛猫が家族同様に、いや家族以上に愛されて飼われています。明けても暮れても今日はこうだった、ああだったと愛猫のことを話す老夫婦の会話はいつも明るく穏やかな気持ちにさせられます。毎日をどんなにか和ませてくれていることを思う時、愛猫に感謝さえしています。大きな声では言えませんが、仮に将来、家内が亡くなれば勿論悲しいことですが、愛猫が亡くなれば私は号泣すること間違いなしでしょう。先住猫は毎晩家内と「添い寝」をするために私はもう何年も前から「一人寝」をさせられています。それでも、それでも可愛い存在なのです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。