シロとマー母さんの日々
僕シロとお母さん、時々お父さんの毎日だよ




詩吟を始めて着物着る機会が増えました。
が、母さんは着付けが全くできません。

そこで先生が着付け教室集中的に開催してくださいました。
先生は近所の若いお母さん、生徒は詩吟他先生のお友達です。


何をしてるかというと一人で帯が結べるよう、先にお太鼓作っているところ。


巻く部分とお太鼓になるところ分けたらお太鼓になるところに帯揚げとかを通します。


お太鼓にして
<

中に折り返す部分は何だったけ・・


これを四方を洗濯ばさみで止めて背中によいしょって負う感じで帯巻くのです~

もとろん普通に巻くやり方も教えてもらっています。

本番は4月22日、練習はあと1回のみ。
果たして一人で着られるようになるでしょうか?

絶対と言っていいでしょう。

無理! 

にほんブログ村人気ブログランキング主婦へ ポチっと応援よろしくニャ? 

着たところは写真撮りませんでした。
人様に見せられるほどきちんと着れるとこまで行ってません

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 解体一段落 記事一覧画像一覧読者一覧フォトチャンネル一覧 基礎工事の始まり »
 
コメント
 
 
 
Unknown (猫の妖精)
2017-03-07 19:23:26
成る程ひとりで着付け出来るように
クリップで止めるのですね。
私は浴衣なら自分で着たり着せたり出来ます。
慣れなんでしょうか。昔の人は皆着物姿でしたし。
詩吟をされるてるので着物とはご縁がありますね。
私の方はさっぱりです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。