ひそひそiPhoneとMusicStudioとGZ-5(ときどきmicroKORG)で音楽を作りたい

iPhoneアプリのMusicStudioとかで初心者が音楽を作ってみようとして もがいて あがいてジタバタします…

キースイッチを使う前に、バイオリンの奏法を(ある程度)把握する

2017年03月20日 23時30分56秒 | iPhone以外でも音楽つくる
ただ今バイオリン系がメインとなる曲を作っているのですけれども、

バイオリン系にもいろいろな音の表現の仕方(アーティキュレーション)、
弓のさばき方(ボウイング←弓だからbow)があるようで、

それをSampleTank3に入っている音で再現しようとするときには
音色がずら~っと並んでるところで四角く「KS」マークがついたものを選ぶと便利なわけです。


この「KS」マーク、<KEY SWITCHES(キースイッチ)>といいまして。
(正確にはマルチ・アーティキュレーション・インストゥルメントのキースイッチ)

通常、バイオリンのスタッカート奏法を選ぶとスタッカートだけ使える、
ピチカート奏法を選ぶとピチカートだけ使える、などのように
一つの音色には一つの奏法音色を選ぶだけ、というものなのですが、
このやり方だと、演奏時にいくつもの奏法を同時に使いたい場合は、
わざわざ奏法ごとにトラックを切り替えて~ということなり、ちょっと面倒。

そこで便利なのが1つで複数奏法を切り替えられる「KS」(キースイッチ)音色。
鍵盤(ほぼ低音部)に割り振られてるそれぞれの奏法ボタンを押すと、他の奏法選ばない限り
ずっとその弾き方になります。
*ちなみに、
「KS」同様に「VS(ベロシティ)」、「MW(モジュレーションホイール)」という
それぞれベロシティとモジュレーションホイールで切り替えられる音色もあります。

**さらに、
SampleTank3での「KS」対応音色を検索するときは
「Multi」または「Full」というワードで探せば見つけられます。
これ、HALionでは「VX」というワードが「KS」に相当するみたいです。

キースイッチに対応している音はは金管楽器や、管楽器他にもあるので、
バイオリン系専門というわけではないのですが、バイオリン系には奏法というものが
非常に沢山あり、そのおかげで豊かな表現ができるわけですけど、
奏法の使い分けが把握できているのと、全部おんなじ弾き方(たいていだいたい「Sastain」奏法)
で曲を仕上げるのとでは、雲泥、雲と泥の差。


ということで(ここまでが前置き)

で、今回のバイオリン音。
音を鳴らしてみれば一応「あ、そういう音の出方なのね~」となんとなく分かるものの、
具体的にはどういう風に鳴らす奏法なのかというのを考えてしまったのが
「detache(デタシェ)」。

え、なに、ポタジェ?(←きっと通じる人が限られる園芸ジョーク...)

「detache(デタシェ)」を文で説明すると
「音を一音一音はっきりとわけること」、ということのようなのですが、

テヌートとかスタッカートとかスピッカートとかレガートとかマルカートとか
それぞれなにがどんなでどう違うんだ?

ということになりまして、ここはやっぱり百聞は一見に如かず

弓の震えを解決!人差し指の使い方!バイオリンボーイング

なんとなーくわかりました。

なんとなーく、に もう少し箔をつけようともうちょっと探ったら

デタシェという奏法、「柏木真樹 音楽スタジオさん」のサイトで
たぶん気を付けた方が良いのだろうなぁという、詳しい記事がありましたのでぺったんこ。
デタシェについて
http://maki-music.net/blog/weblec/latevn/24detache.html


そして、
森元志乃さん の(旧)「ヴァイオリン弾きのおやど」の記事らしきところから
一覧で見るとなんだかとってもわかりやすいような(混乱するかもしれなさそうな)
(見ると混乱するかもしれない恐ろしい(‐‐;))奏法用語一覧~右手関連
http://www.ac.auone-net.jp/~vloyado/data_2.htm



キースイッチ、
cubase Proだと「VSTエクスプレッション」という名前で扱いやすい仕組み
(エクスプレッションマップ)があります。
cubase AIにはございませんようです、残念。
でも音源打ち込んでから、再生録音しながら音源ソフト側でKS音色の任意のキースイッチを押せば
Cubase AIでも任意の奏法がピアノロールのとこにちゃんと記録されるので、
とりあえずは安心。AIだってやる気になりゃーできるっていうのはありがたい(-人-)。


余談ですが、
今更ながら画面キャプチャーの仕方が分かったので(Win10内蔵のSnippingToolとかいうやつ)
ようやっと画像で説明を補うことができるようになりました。ほんと今更orz。

あ、そういえば、
今ならもれなくIK MultimediaさんでSampleTank3の拡張音源「NRG」が無料でもらえます(23日まで)。
…私もともと持ってたから恩恵なかとよ(・3・)。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「Banal#02」(17作目)upし... | トップ | cubase AIに付いてこないマ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。