棚からぼた餅--岩淵龍王丸

信州の山郷での暮らしと、絵本と無縁になってしまった大人に向けた創作絵本や、芸術活動をお話します。

花いかだ-3 夜の部

2017-06-18 16:46:13 | 山郷の暮し
満月が湖面に映る様を描いたのであるが、これは実写ではなく創作の空間だ。
以前に試みたことがある和紙の 絞り の方法で、どのような染まり方をするのかわからない所がある。
ソレが面白いので、予想を超えることを期待をするが、さほどのものでは無かったのだが。

キャンバスは布ではなく障子紙なのです。
化学繊維の入った紙は非常に強く、かなり無茶なこともしてきた。
くちゃくちゃな状態を幾分伸ばし、これに描き入れるのであるが、これから先が私のあみ出した方法である。

裏打ち(表具のひとつで、裏にもう一枚糊付けをすること)をするのだが、絞った部分が延びてななか均一な面にならない。
これにはまいった。
プロの表具師では絶対にやってくれないだろうなー、と思いつつ苦戦をしているうちに、しわも絵の要素にしよう。
そして、ちぎりえ の技法をとりいれれば、まったく問題はない、と気がつく。

制作結果は、ちぎりえの技法は使わなかったが、細かいしわの動きが面白く、彩色により強調する。
これは予想よりも上出来で、まるでニンフが漂っているように見えてきた。

さて、問題は上部であるが、花吹雪が頭に降りかかるま近な空間を設定。
難しい。
足元の水面は当然平面の広がり。
それに、頭上の空間を表すのだ。

失敗をもかまわぬと、意を決して黒系と白色のペンキを撒き散らす。
花吹雪の様子になったが、頭上の位置になっていない。

試しに花びらを実物大くらいに切り抜いて散らしてみる。
正直びっくりするほど空間が生まれた。
絵画制作の面白さを改めて知る思いであった。

それより、金銀の箔にて最適な位置に画着込む。

緊張感というかぎりぎりでの均衡を保っている画面は、ほんの一点で変わってしまう。
例えれば天秤秤のようなもので、均衡を保ちながら錘が増してゆくのである。

この夜の部が最も楽しく、予測を超えた作品になった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2-花いかだ・夕刻 | トップ | 風薫る朝 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山郷の暮し」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。