癒し系獣医師の動物病院開業日誌

アニマルセラピー団体で活動している癒し系獣医師。農業団体職員から脱サラし、動物病院を開業しています!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

老犬の病気 歯周病

2011年05月10日 | 動物医療
今日も寒い一日でした。
写真のような暖かい日がほしい!

ここ何日は老犬の病気にばかり焦点を当てていますが・・・・・

「歯周病」は老犬においてもっとも遭遇する病気かも知れません。
・口臭が酷い。
・最近食欲がなくなってきた。
・目の下が腫れている

なんてのは、結構重度の歯周病であることが疑われます。
歯周病の評価スコアリングもありますが、
・歯肉が赤く炎症を起こしている。
・歯肉が後退している。
・歯によろいのように歯石が蓄積している。
・ぐらぐらする歯が何本もある。

歯周病をほうっておくと、歯のみならず腎臓疾患や心臓病にも悪い影響を与える可能性が指摘されています。

若い内から歯磨きの習慣をつけておくといいのですが。
歯にも十分注意が必要です。
特に小型犬に発生が多いようです。





















『犬』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 老犬の病気 子宮蓄膿症 | トップ | 犬の癒し効果ついて 文献 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。