どうしてこんなに楽しいんだろう!

新しいことをはじめるって楽しいですね!美味しいお酒を飲んで、好きな音楽を聴いて、ヨカバンジャー!!

タイミング~桶狭間に降る雨

2017年06月18日 19時19分57秒 | 音楽・芸能
桶狭間の合戦を題材にした現代劇。
「ミュージカル タイミング~桶狭間に降る雨」
を観に行った。

場所は名古屋市緑文化小劇場
キャパは400 

主催:みどり文化芸術ネットワークの市民音楽劇と
いうことだったが・・

めちゃくちゃよかった。

これは単なる素人の劇団ではない。

演奏は名古屋緑吹奏楽団が担当
生の音楽をバックに演じるミュージカルは
ライブ感があってとてもよかった。

構成はフルート、クラリネット、アルトサックス
トランペット、ベース、ドラム、ピアノ・・
それぞれ各1名で計7名。

ストーリー(一部パンフレットより抜粋)

桶狭間の合戦を研究していた桶狭間高校:歴史研究部のメンバーが、
タイムスリップしてきた「簗田出羽守政綱:やなだでわのかみまさつな」
と出会う。

簗田出羽守政綱は
桶狭間合戦で詳細な敵情視察をし、
信長を勝利に導いた武将だ。

高校生たちが抱える不安や悩みを聞き
正面から彼らと向き会う簗田が伝えたのは・・

「幸せな明日を望むなら、一生懸命生きるしかない・・
 それは昔も今も変わらない」

ということだった。

脚本は鏡味富美子氏
高校生が中心となる物語だったが、
背筋が凛とした、実にいいミュージカルだった。

この桶狭間の土地で、桶狭間に住む人が
桶狭間ゆかりのミュージカルを演じる。

それは、あのときがあったから今がある。
という歴史・先祖に対する感謝のDNAを感じた。

タイミングは重要だ。
言い換えれば「縁」ともいえるだろう。

その縁があり、今ここで生きている自分や家族、
さらに社会に対し
素直に感謝の気持ちがわいてくるミュージカルだった。


父の日に、家族でこのようなすばらしい劇を観ることができて
とても幸せだと思った。



舞台が終わり、会場の出口・・
出演者全員で来場者に感謝の気持ちを伝えていた。

<市民ミュージカル、「桶狭間の戦い」で最後飾る@中日新聞記事>



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 努力は裏切らない@宇津木妙... | トップ | I Believe in You »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL