45gs時計とカメラとモバイル

銀塩写真で懐かしい風景、街並み、街道撮影、写真、オーディオ、登山と多趣味です。OCNより引っ越し

ロシア製ニキシー管時計

2014-09-30 18:36:59 | 電子工作(その他)
スマートウォッチのニキシー管表示では物足りない!アマゾンで扱いが有るのは知らなかった!

本当は6桁表示が欲しかったけれどポイントで買えたのは「赤ふぐニキシー管時計」(メニューで秒表示も可)

ニキシー管は真空管のような形状でなくちょっと変わった球でロシア製との事、基板が3枚で電源ボード、ロジックボード、表示ボードと別れていて各部の動作確認しながら3時間程度で作れるように作り方がサイト上にありました(キットに説明書、マニュアルは付いていません)

とりあえず完成!

特徴:
•アクリルケース付きのキット
•IN-12ニキシー管×4個、セパレーター用のネLED×2個
•ニキシー管のRGBバックライトを選択可能
•正確な時を刻む高精度DS3231Mリアルタイムクロック(RTC)
•押しボタン式ロータリーコントローラーによる操作
•アラーム専用オン/オフスイッチ
•誰でも簡単に理解し改良できるArduinoベースのオープンソースファームウェア
•コントローラーボードは最大6桁までの処理が可能
とあります。

少ない表示ながらもスイッチ付ロータリーエンコーダーで各種メニュー設定ができます。
Arduinoブートローダーとファームウェアを搭載したAtmega328Pマイコンを使用しているので時計のプログラムを書き換える事も出来るらしい。

赤フグニキシー管時計なかなか面白いです。


人気ブログランキングへ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

村田製作所積層セラミック!

2014-03-29 22:05:34 | 電子工作(その他)

SDRラジオコンバータの製作を始める、早くも5つ目のチップCを飛ばしてしまた!1.6mm見つける事は困難!

Img_20140329_211424

さくらの撮影で都内に出たついでに秋葉原によって、飛ばしたコンデンサと、オペアンプ、LED、ダイオードなど部品を少々購入!コンデンサはワンサイズ大きなものに変えたとはいっても2mm*1.25mmとまだまだ小さい!100個ワンパック200円!いくつ飛ばしてなくしてもこれなら当分使えそうだ!

 


人気ブログランキングへ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSES電子ボリュームの電源を思案中

2014-01-04 06:41:12 | 電子工作(その他)

電子ボリュームの電源はとりあえずDACの電源から±15Vを引き出して使うもあまり良い電源基板ではないのと適当にケーブルを引き出しているのでDACの上蓋がしまらない状態。

Dsc02930
電源を作るまでた秋月のDC-DCコンバーターとリプルフィルター代わりに可変電源基板を組み込んだ、電子ボリュームマニュアル無視のスイッチング構成の電源ですが・・・・電子ボリュームそれだけでも効果が有るのでアナログ電源接続時これよりさらによくなるのか?期待するけどこのままでも個人的には問題なし、こちらも同じケースで2段重ねで電源部思案中。

アンプがTA2020ですのでしばらくこのまま使いそうです。電子ボリュームにしたら一番変わったのはピアノのソロの音!よりリアルにと言うかちゃんと鍵盤の幅がより本物に近くなった感じで一番お手頃価格の電子ボリュームでも音は良好です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ElectroDroid Proが日本語対応!

2013-12-03 21:08:33 | 電子工作(その他)

Dsc02762

スマホのアプリで気に入っているElectroDroidが日本語対応、電子工作には至れり尽くせりのアプリでお勧めです。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

フィルムコンデンサ色々

2013-11-25 21:52:31 | 電子工作(その他)

最近フィルムコンデンサはヤフオクのNFJさんを利用している、秋葉原でも中々入手が難しい一部ビンテージ物、通販と言うのはありがたい、メール便なら送料はわずかに200円コンデンサだけ買うのに片道900円は厳しいから・・・そんな通販、ネット販売が普及したために秋葉原のガード下ラジオストアーが終焉はちょっと残念だ、時間がればやはり秋葉原で色々物色して部品は購入したいが・・・その秋葉原も今ではフィギア系、PC関連の店ばかりで部品を扱うお店も消えつつある・・・

Cymera_20131123_200617
これからの心配は集積度が上がり部品が小型化されてしまうこと・・・老眼鏡世代には半田付けも出来なくなる、真空管アンプくらいしか作れなくなってしまうかも、その真空管回路用の部品とてこれからは希少な部品になるのだろうか・・・


人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

白色LEDモジュール

2013-11-02 20:11:39 | 電子工作(その他)

秋月の白色LEDモジュール高輝度のLEDが24個、手っ取り早く簡単に12V接続するだけですぐに使える、

Dsc00603
これで室内物撮り(ヤフオク)の照明を作ろうかと、しばらく点灯放置したらけっこう発熱が有るのでヒートシンクに張り付けてみた30分でほんのり発熱する程度200ルーメンの昼光色(6500)タイプ

白色LEDユニットOSPRO2W1-W44LS1C1A


人気ブログランキングへ

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

日立「眞空管」4R-HH2

2013-10-28 21:29:23 | 電子工作(その他)

新品未開封の真空管4R-HH2、日立製作所の物だ、真空管の書体が旧漢字書体のパッケージ少なくとも半世紀近く前の物か?開封するまで不安でした!

Dsc00532
見た目特に問題なし!なんと当時は1本づつ取説が付いていたんですね、取説と言っても規格表ですが・・・定価でなく正価¥1300」と表示、今の価格にしたら真空管1本偉い価格です!

Dsc00535 Dsc00533
4R-HH2はテレビのチューナ用カスコード接続高周波増幅用双三極管とある、これをHyCAAに使う、ダメモトだと思ったらこれがかなり良い感じ、ヒーター電圧4.2V使いにくい球で不人気、電圧違いの6R-HH2は6DJ8の差し替えように人気があるらしい・・・直線性が良く音がまろやかになるらしい・・・

それにしてもハイブリッドアンプは面白い半世紀前の真空管に最新のオペアンプの組み合わせ聞こえる音は?

HyCAAで試した真空管、12AU7、9AU7、7AU7、4R-HH2、9AQ8・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大量の真空管が届いた!

2013-10-13 21:46:50 | 電子工作(その他)

HyCAAを作ってから特定の真空管コレクション?を始めたら、知人がブログを見て古い球が大量にあるから使わないかと・・・

Dsc_2236
いやはや、有るところにはあるもんだ!しかし大半がTV、高周波用でオーデイオで使えそうなのは5,6本しかなかったがラジオなら作れるかもしれないがIFTが無いからな~

Dsc_2237 Dsc_2238
箱と球にNHKの刻印!

一つずつ型番を検索してゆくと東芝の通信用Hi-Sと緑の抜き文字の球!使い道があまりなさそうだが・・・なんと箱のトップと球本体にNHKと刻印が・・・昔は秋葉原でも払下げか放出品で有ると聴いたが、製造年月?まで記載されている現物を見るのは初めて!

Dsc_2241

新品、中古入り乱れだが凄いレアもの真空管、非常に珍しい真空管5806箱の中が発泡スチロールなので一つだけ不思議と思って開けたら出てきたのサイズは小さいが昔の板極管かバラクダイオードと間違えるようなセラミックに金色の端子!調べてみれば昔、難視聴地域のUHFのサテライト増幅用に使われていた真空管らしい、小型ながら当時のトランジスタの性能をはるかに超えるものだったらしい1963年!トランジスタの性能がまだまだのころ技術者の気概が伝わるデバイスだね~

1200MHzのリニアアンプで2C39など板極管などは使ったことが有るけど、名前だけでスタックトロンの現物を見るのは初めてだ~

NHK刻印入りの12AU7なんてあればさぞかし良い音がしそうだけれど・・・とにかくいているだけで昔を思い出し真空管コレクションは泥沼化しそうだ・・・ラジオ受信機はいくつもあるけれど自作のラジオは昔かじったのみ、真空管ラジオの前に初心に戻って高周波の工作はゲルマラジオから始めようか・・・低周波、高周波共に飽きないな~


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

格安真空管コレクション?

2013-10-09 21:24:30 | 電子工作(その他)

HyCAAを作ってから昔を思い出し懐かしい真空管コレクション?12AU7は高騰し手が出ない、新品でも現行品にはあまり魅力が無い・・・

Img_20131009_204406 Img_20131008_182637_2

早速9AU7を試してみる、7AU7と9AU7新品が1本100円!送料の方が高かった!

Img_20131009_185307 Img_20131009_185331
これは日本を代表するメーカーのビンテージ?完全未開封4R-HH2と9AQ8

既に40年くらいは経つのだろうか?真空管が製造頂点のころの程度の良い球が一番の魅了、作りも素材も性能も良いころの物、7AU7や9AU7ヒーター電圧を変えるだけ・・・使いにくいのかオリジナルの12AU7の半値どころか新品が1本100円で落札できた!

ついついつられてHyCAA以外に普通の真空管アンプに使えそうな未使用の球にまで手を出してしまった、日立とナショナルまったくの未開封です、もちろん当時の価格より安く落札、しかし4R-HH2は当時正価が1300円もしたとは相当高価な真空管だったようだ!

4R-HH2はあまり聞きなれない型番ですがテレビのチューナーに使われていたそうだ、双3極管でヒーター電圧4.2Vとこれまた変わっている、特性が12AU7と12AT7の中間と使えそうだしWebで検索するとラインアンプ等の記事がいくつか出ているので後々楽しみ!

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

WE408A相互Phillips JAN 6028なら格安!

2013-10-06 21:43:25 | 電子工作(その他)

500円以下で手に入る球探し!電圧管 408A WesternElectric相互のPhillips JAN 6028中々開いているときに立ち寄れないラジオデパートの3Fサンエイ電機が開いていた!

価格を見て即買い、300円昔の電話交換機に使われていたそうで小さな7Pの球です、Webには色々製作記事もあり時間が出来たらのお楽しみ!

Cymera_20131006_182103

同じと思われる球もWE相互となると普通安くない実際いくつかのお店を見たら、この球と同じと思われるものが2400円やマッチドペアーだと2本で8000円と価格差が有りすぎる、仮に中古でも300円は安い!同じ秋葉原でも偉い価格差です、春日さんでは600円らしい・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今更な真空管集め

2013-10-05 21:08:21 | 電子工作(その他)

HyCAAを作ってから音の良さに改めてビックリ、一昔前の真空管と最新オペアンプのハイブリッド・・・

Img_20131005_202850
日立のマークは誇らしい・・・7AU7

コンデンサや抵抗で音作りを楽しめるほかに、真空管、オペアンプの交換で簡単に音が楽しめ非常に面白い!オペアンプは手持ちが沢山あるも真空管となると昔作ったアンプの残り物、HyCAA指定の12AU7この球が面白い、12AU、AX等はギターアンプ、オーディオ用に今や高価でおいそれと変えなくなってしまった、探せばヒーター電圧違いの相互管があることを知り7AU7を格安に・・・ヒーター電圧が違うだけで新品のビンテージ管が1本100円は使わずにはいられない・・・今日は手に入れた200円の日立製7AU7を刺してみるヒーターが明るい、球による音の違いがわずかにわかるもノイズや発振なく問題なし・・・考えてみれば日立、ナショナルあたりのこのころの球は、テレビに使われていた時代の物?60~70年代?日本の真空管製造の頂点の頃に作られたもので、性能や品質がもっとも優れていた時代のものだろうか、時計で言えば機械式グランドセイコー、カメラで言えばNikonF、作りが断然違う!

規格は少し違いが4R-HH2とか9AQ8とか使えそうだ、こうなるとヒーター可変電源を作る必要があるか?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MUSESの模倣半導体製品?

2013-10-03 22:08:32 | 電子工作(その他)

ついにと言うか、MUSESも模倣半導体製品が出回るほど評価があるようだ、NJRCのMUSESオフィシャルサイトに模倣半導体製品にご注意ください、と出ている!

Dsc04457
普通のオペアンプ4558などは1つ100円もしないが、MUSES01,02は3400~3500円模倣半導体製品が出てきても不思議ではない価格なので・・・偽物もリードフレームに無酸素銅を使っているとは思えないので見分けは意外と簡単?なのかなMUSES01,02は無酸素銅をルカっているために足が非常に柔らかく無理をするとすぐに折れてしまう仕様です・・・とにかく普通のICに比べたらビックリするほど柔らかい足です、抜き差しは慎重に・・・

偽物が出るほど評価が高いと言う事ですね~素人でもオペアンプをMUSES01,02に替えると明らかに良い音なのですぐにわかります。


コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

真空管ギターアンプ改造思案中

2013-07-24 23:01:01 | 電子工作(その他)

知人より超格安に譲っていただいたフルチューブのギターアンプ、真空管も含めほとんどの部品は中国製!プリ管に12AX7×2、パワー管にEL84×1出力4W、いきなりアンプ部を外して部品交換思案中。

Img_20130724_194942 Img_20130724_193220
電源トランスや出力トランスも交換したいけれどまずはコンデンサ交換だな~幸い手持ちのビンテージコンデンサがいくつか使えそうだ、見た目相当にチープな作りですが、オーディオ用でなくギター用のアンプと言うのはこれくらいでも良いのだろうか?

オーデイオ用真空管アンプはいくつか作るも、ギター用は見るのも初めて、これは基板に組んであり箱に収まっているときに真空管は横向き!

回路図が見つかるとありがたいんですが12AX7にEL84なら何とか配線を見ればなりそうだ、今年のお盆休み暑い夏に真空管アンプ!


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

超ローノイズ・プログラマブル電源TPS7A4700

2013-07-22 19:22:24 | 電子工作(その他)

Img_20130721_214432

PCオーディオをはじめとするデジタルオーディオは自作でも雲上価格の製品に近づきあるこの頃、再生装置の性能が高くなると必要なのがシビアな要求にこたえてくれる電源!

Dsc01928
さすがにICがここまで小さいと半田付けは難しいので半完成はありがたいです。

普通に使っているのは直流の安定化電源だったり、気軽に済ませてしまうスィッチング電源やACアダプタです、良質で安定した5Vだったり12V、15Vを供給するのに性能の良い電源基板を調達1.4V~20.5Vまで0.1V*192ステップで可変できる電源キット、出力電圧は8つのディップスイッチで設定できる、DACやヘッドフォンアンプに使ってみようかと

低周波領域において業界最小のノイズ特性を提供するとあるので使わない手はない!秋月電子のキットは半完成でコンパクト、追加組み込みも空きスペースに簡単に組み込めるサイズ!TPS7A4700デジタルオーディオ時代の電源!

http://www.tij.co.jp/tps7a7200-pran-jp のアプリケーション・ノート(英語)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋月電子の電波時計のLCDを変えてみる!

2013-07-15 15:16:24 | 電子工作(その他)

Img_20130715_132246

LCDキャラクタディスプレイモジュール 16×2行 バックライト付白抜き

見栄え良くケースに収めたいのでLCDを本体から延長ケーブルで伸ばすついでにLCDを見やすい色に変えてみた。

Img_20130715_132739

キット標準のLCDですバックライトが幾分暗い・・・おまけに基板直付けなのでケース加工が色々面倒、基板と表示部LCDを分離するとお好みのスタイルでケースに組み込めそう。

ブルーのバックライトに白抜き文字で見やすいです。

秋月電子PIC16F873使用電波時計キット

コメント
この記事をはてなブックマークに追加