45gs時計とカメラとモバイル

銀塩写真で懐かしい風景、街並み、街道撮影、写真、オーディオ、登山と多趣味です。OCNより引っ越し

19R-LL1 YAHAアンプ完成

2017-02-04 20:41:53 | 電子工作(オーデイオ関係)
某研究所の方から4年くらい前に大量にいただいた真空管、大半の真空管の箱、球にNHKの刻印が付いている代物、その中にあった19R-LL1、NEC1964年製造球に刻印はなく箱にNHK松山?スタンプされている・・・調べてみると元々は電電公社時代短距離搬送装置、東京-大阪間120通話路マイクロ波通信回路端局装置、電力線搬送装置等に使われていた球だそうだ、対応品がWE 407A(2C-51)となっているも長期に安定して使うためかヒーター電圧を19V0.15Aと極端に発熱が少ない・・・

電話回線の音?試してみれば音抜けの良い球でオーディオ用に十分すぎる音で完全に独立したシールド版も効果があるのか、

お試しで作ったYAHAアンプ部品を選んで2台目を作りケースに収めてみました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の後の宝登山、蠟梅

2017-01-09 14:53:05 | 日記

軽アイゼン持参も踏み後もなく歩いて登るのは断念!ロープウェイを降りたら20センチ以上の積雪・・・駅の周りしかまだ除雪されていない!

秩父盆地

とりあえず除雪が済んだところを・・・

この後、雪が凍るとかなり危険な山になります。
花は3,4分咲でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NikonFにレチナフレックス45mmf2.8

2016-12-30 10:39:55 | 日記
禁断の加工をしてデジタル一眼でしか使えなかったデッケルマウントレンズを使えるように加工しました。

銀塩NikonFでは装着できるもミラーが干渉してシャッターを切るとミラーが降りてこない・・・上昇時はリアレンズの外リングを擦り気味に上がりきるも下降時には外枠リングのエッジの角にミラー下部が当たることが判明、最短距離だと降りたり降りなかったり・・・このレンズは繰り出し量が少ないので外枠リングをコンマ数ミリ削ればと元々が格安レンズなので削ってみました。

無限遠でも全く問題なくミラーが動くようになりました、さすがに残りの3本を削る勇気がないので(外枠リングが無いレンズもあり)この45mmのみですが、デジタルでも銀塩でもシュナイダーが使えるようになりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NFJ TUBE 01JにLENKURT製408Aを入手

2016-12-23 16:52:05 | 電子工作(オーデイオ関係)

秋葉原のe-boxを物色して見つけたLENKURTの408Aです、初めて見るメーカーだが説明に「堅牢・高信頼・高耐久」!これに弱いです、帰宅後調べてみればLENKURT社の球は見つからず・・・LENKURT社はWESTERN ELECTRICのサプライヤーとして有名、1950年代から続く米通信機器の製造大手老舗。としか日本語では見つからないが・・・408a Western Electric Made For Lenkurt Tubes と言う事らしい・・

これもブラックプレートで期待できます、なんといってもペアーで税込み1500円はありがたい一様NOSと言う事なのでいただいてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

東芝NHK刻印の5654(6AK5の)高信頼管が出てきた!

2016-12-12 15:25:19 | 電子工作(オーデイオ関係)

以前某研究所の方にいただいた多数のNHK刻印の球の中に東芝の5654がありました、これも6AK5相互で差し替え可能、箱は痛んでいましたがラップ未開封の新品、1本しか見当たらないのが残念、昭和40年代NHKに収めた球ってかなり選別して刻印打つのでしょうかね?たぶん良い音が聞こえてきそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

NFJ TUBE 01J 大改造真空管はヒーター電圧20Vの6028に交換

2016-12-11 21:55:16 | 電子工作(オーデイオ関係)
以前買ったフィリップスの6028が8本使わずにあるのでどうしても使ってみたかっあので大改造してみました!

大正解ミルスペック選別品の6J1とはかなり違います、ボーカルが前に出てくる、昔電話交換機に使われた球だそうですが電話レベルの音ではなかった、良い音です、秋月電子のDC-DCで昇圧基板をケース内に何とか納めボリュームも反対につけたのでヒーター電圧は可変できます。
6AK5系WEは高価ですが同じものでもヒーター電圧違いのWE408Aは半値以下で未使用が2本1500円程度!

何とかギリギリDC-DCコンバータがケースにおさまりました。

6J1と比べマイクロフォニックノイズも無くカーボンスート、ブラックプレートの球なので、必要十分な音だと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FX-AUDIO TUBE-01J 改造その2

2016-12-11 18:16:31 | 電子工作(オーデイオ関係)
格安6AK5相互真空管を使うためにヒーター電圧を20Vに秋月のDC-DCならケースに収まりそうだ!WEの408なら2本で1500円ヒータ違うだけなら安い方が良い!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

FX-AUDIO TUBE-01J 改造

2016-12-04 11:47:55 | 電子工作(オーデイオ関係)
購入後間もないですが早速C,Rをいくつか交換してみました、カップリング4こ抵抗4個、電解1個・・・明らかに抜けがオリジナルより良くなりました。(C,Rともに定数も一部変更)
LEDは面倒なのでマーカーのオレンジで真空管ソケットにペイント電球色がこれでもきれいなオレンジ色に変身!
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本日の戦利品ビンテージダイオードなんとWE社のダイオード

2016-11-23 16:22:05 | 電子工作(高周波)
寒い中都内の紅葉撮影と思ったが風が強くそそくさに向かったのは秋葉原!

今日はまた珍しいものを見つけました!憧れの真空管WE300B、Western Electric社製のダイオード

たぶん半世紀は経っているのだろうか、これをゲルマニウムラジオに…古き良き時代の音が聞こえそうだ。

Western Electric社のビンテージ300Bは使ってみたい真空管だがとても手の出せる価格ではない。
90年代に一度消滅した会社だが今世紀に入りWB300Bの生産も再開していますが使うなら旧300Bなんだろうな、管球ガラスが昔は鉛ガラス、今は鉛フリーになっているらしい、旧300Bは現行品の6倍以上の価格、鉛ガラスと言われても識別できない、こういう球はあこがれるだけで素人は手を出さないのが正解、13FD7のような隠れ球で期待はすれの良い音を楽しむのが素人自作には一番ですマッチドペアーで2K円で十分。


こちらはおまけにいただいた70年代?ロシア製のダイオードD9Kです。

都合10種類以上のゲルマニウムダイオードが手元にあるので切り替えて感度、音質を評価してみたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ノートパソコンのHDD交換

2016-11-12 11:52:35 | 日記
ノートパソコンのHDDを1TBに交換しかし開けるのにネジ27本はやり過ぎだろうダイナブックsatellite!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

里山歩き

2016-10-23 15:42:35 | 山岳・アウトドア
天気が良いので自宅から里山歩きしてきました。

紅葉はまだまだ先です。

家から山頂まで1時間強、年間5,6回は登っています。


真ん中辺りの集合住宅が自宅、当然自宅からも日和田山が見えます~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

真空管アンプ1626シングル2号機

2016-10-16 09:54:43 | 電子工作(オーデイオ関係)

2号機エージング中1号機から少しC,Rの定数を変え部品もいろいろ変えた、小さいながらも三極管そこそこ低音もでます。
次はプッシュプルを作ってみたいです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2台目の1626送信管シングルアンプ制作開始

2016-10-10 13:29:15 | 電子工作(オーデイオ関係)
まだ完成してひと月もたっていない1626シングルアンプが早くも嫁いでしまいました~聴きに来た友達がどうしてもと言うので部品代+α(このαが高いけれど!)でと成立!


自分としてはかなり小さすぎたと思っていたので・・・ちょうど良いか!

レイアウトはこんな感じちょっと飾りもつけてみた。

ということで球はあと4本あるので今度は自分用にワンサイズ大きなシャーシにして土曜日から始めました、1回作れば手入れしたいところもあるので色々思案中、ケースサイズは160*210*40縦置きのケースです、肉厚3mmの穴あけはほぼ1日かかりました。トランスだけ重いので通販で購入、次の休みに秋葉原で部品を調達!秋の夜長は電子工作が楽しい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1626シングルアンプ完成

2016-09-18 11:16:41 | 電子工作(オーデイオ関係)

天気の悪い連休で外へ出かけず時間が取れ完成!やはりMT管と比べST管になると見た目もカッコよい、3極管ならではの音です。
ケースサイズはW180mmと前のアンプより一回り小さいサイズで、部品を配置するのにけっこう苦労しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

次なる真空管アンプはVT-137

2016-09-07 20:34:04 | 電子工作(オーデイオ関係)
とりあえず球だけ購入、1943年製造のNOS Hytronの1626(VT-137)


やはりST管になると立派だ~
コメント
この記事をはてなブックマークに追加