原左都子エッセイ集

時事等の社会問題から何気ない日常の出来事まで幅広くテーマを取り上げ、
自己のオピニオンを綴り公開します。

絵むすび(朝日新聞2017.04.22編)

2017年04月23日 | 自己実現
 (写真は、朝日新聞2017.4.22 パズル「絵むすび」に原左都子が解答したもの。)


 「原左都子エッセイ集」少し前の2017.4.3 バックナンバーに於いて、私は「メンサ」と題するエッセイを綴り公開している。

 ここで、今一度その一部を掲載させて頂こう。

 実はこの私も、昔 “IQ168” を誇っていた時代があった。
 それは、今から遡る事60年近く前の幼稚園時代だ。
 過疎地出身の私だが、どうやらその頃私が住む過疎地では、子どものIQを教師陣が大っぴらに公開していたようだ。 何でも母が幼稚園の面談に行った時に、その話を聞いたのだと言う。 「〇ちゃん(私の事)が今回の幼稚園でのIQテストで当該幼稚園過去最高の“IQ168”の記録を樹立したのだが、ご自宅で何らかの特別教育をされていますか?」 母は「いえ、何もやっていません」と応えたらしい。
 その後時が過ぎ、子どものIQを非公開にするべく学校教員指導がなされた様子だ。 にもかかわらず、相変わらず教員とはそれを口外したい生き物のようだ。 我が中学校卒業時点で同級生より「〇ちゃん(私の事)は県内有数の名門高校に進学する生徒の中で一番IQが高いと、担任が言ってたよ」と聞いた。
 それだけ周囲から私自身のIQに関して聞かされれば、私本人とて「私って、IQが高いんだ」と自覚するのは必然だったと言えるだろう。

 さらに、ウィキペディア情報より「メンサ」に関して少し以下に要約して紹介しよう。
 メンサ(英: Mensa)は、人口上位2%の知能指数 (IQ) を有する者の交流を主たる目的とした非営利団体。 高IQ団体としては最も長い歴史を持つ。 会員数は全世界で約12万人。支部は世界40か国。イギリス・リンカンシャーにあるケイソープ(英語版)に、本部(メンサ・インターナショナル)を持つ。
 イギリス人科学者で弁護士でもあるランス・ウェアと、オーストラリア人弁護士のローランド・ベリルによって、1946年10月1日にイギリスのオックスフォードで設立された。
 メンサの組織は、各国のナショナル・メンサとナショナル・メンサが存在しない国を統括するメンサ・インターナショナルからなる。 各国のナショナル・メンサの代表者とメンサ・インターナショナルの役員とから構成される国際評議会において様々な方針を決定している。 また資金管理団体としてメンサ・インターナショナル・リミテッドが存在する。
 メンサには以下の3つの目的がある。
 1.知性才能を、認知、育成し、人類の向上に役立てること。
 2.知性の原理、性質、そしてその適用などを研究することを激励すること。
 3.メンバーのための知的、かつ社会的活動を促進させること。
 その活動としては、一般会員向けの「International Journal」や、幹部会員向けの「Mensa World」、非会員向けの「Mensa Research Journal」などの発行が行われている。 成績優秀な学生のための奨学制度、学校に適応できない児童の支援、会員向けの旅行案内、金融機関と提携したクレジットカードの発行、レンタカーやホテルの割引、パズルや書籍の販売、就職の斡旋などの活動を行っている支部も存在する。
 メンサに入会するためには人口上位2%に属する知能指数(IQ)を有することを証明しなければならない。
各国基準が違い、それぞれの国の上位2%である。 試験問題もアメリカのメンサと日本のメンサでは違う。Flynn effect(フリン効果)を考慮せず、違う年齢の人間を同じ基準で比較する。つまり20歳でも50歳でも、ある一定以上のスコアを出せば入会可能。
 入会資格を得る方法として最も一般的なものは、メンサの実施する入会テストに合格することである。なお、受験回数には制限が設けられており、1年の期間を空けて、生涯に3度までしか受けられない。 日本はメンサによる入会試験と申請前1年以内に受けたwais-Ⅲ wais-IV wisc-III wisc-IVの検査証明書による入会を対象としている。 テストに合格しても会員となるわけではなく、入会する場合は年会費を支払う必要がある。 ジャパンメンサのように支部によっては入会しなければ合格そのものが取り消されることもある。
 最後に、原左都子の私論を語るならば。
 要するに「メンサ」会員になろうと志し試験を受けても、その後大したメリットがないという事だ。
 しかも「年会費」が必要!?!
 これ、単に「メンサ組織」が私利を得ているとの結論に達しそうだ。
 そんな事に会費を支払ってまで自分のIQを誇る必然性が無いばかりか、自分がIQが高いと信じた愚かさを会員になることにより暴露して、世からの信頼を失わないとも限らなそうにすら思える。
 日本の著名人の多くもこの「メンサ」会員になっているようだが…。
 いやはや一庶民の私は、今まで通りテレビでクイズを楽しむ事を堪能しよう! 

 (以上、我がエッセイ集より「メンサ」と題するエッセイの一部を再掲載させていただいた。)



 と言う訳で、私は本日も朝日新聞パズル「絵むすび」解答を楽しんだという事です。
 
 そんな私が最近ネット上で、毎日パズル(クイズ?)を楽しんでポイントを稼げるサイトを発見しました!
 その会費が無料ならば、要するにCMサイトであり画面の動きが遅いのにイライラさせられつつ、日々時間がある時に「脳トレ」「頭の体操」等々に励んでいます。 (これがまるで過去に幼稚園や学校で受けた“IQ検査”のごとくです!)

 まあ、「メンサ」に登録して年会費をぼったくられるよりは、チマチマとネット無料の「脳トレ」「頭の体操」に励みポイント稼ぎをするのがマシかな…… レベルのくだらない話題で大変失礼致しました。
ジャンル:
一芸
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 売られたケンカ、受けて立ち... | TOP | 「幼稚園バスに乗るのが嫌だ... »
最近の画像もっと見る

Related Topics

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。