競馬 神がかり 3F 32,9

JRA、地方競馬、クラシック、古馬のG1戦線をコラム&予想

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

アルゼンチン共和国杯

2015-11-05 22:53:36 | 競馬コラム

今週はG1開催はありませんが、4つの重賞が組まれています 

その中の一つ東京の2500mハンデ戦、アルゼンチン共和国杯に注目

過去10年のデータから、年齢別の成績が気になりチェックしてみた

抜群に成績が良いのが4歳馬で

6-4-4-28   と各年齢の中で最多の6勝を上げている

で、今年の4歳馬は・・・3頭が出走します

1番人気になりそうな、菊花賞3着馬ゴールドアクター

京都記念で、宝塚記念&天皇賞を勝ったラブリーデイのハナ差2着の接戦を演じたスズカデヴィアス

ダービー3着,毎日杯勝のあるマイネルフロスト

 

どうやら今年も確実に上位争いしてきそうな面子が揃った感じで

4歳馬を抜きには、予想出来そうにありません

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

天皇賞・秋

2015-10-29 19:43:10 | 競馬コラム

第152回の天皇賞・秋

9戦8勝で現在3連勝中のエイシンヒカリ

逃げ馬に烈しい天皇賞でも、武豊騎手は行くのか。過去10年での逃げ馬はダイワスカーレットが2着になっているだけ

この年も一流牡馬の古馬の参戦がなく、今年と似た様ような感じではあるが・・・

 ダイワスカーレットが2着になった時の1000m通過は58.7だった

エイシンヒカリが過去に1度惨敗しているレースがあるが

阪神(外回り)1800mのG3戦チャレンジC

この時の1000m通過は58.8。

もちろん、コースやそのときから大分力を付けていると思うし

経験も積んでいるので、いちがいには言えないが

展開が明暗を分けそうです

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

朝日杯 舞台は阪神

2014-12-17 19:53:46 | 競馬コラム

今週は中山から阪神へと、2歳路線が整備された事にともなって
変更となった朝日杯が開催。

先週の阪神JFと同じ舞台で同条件で行はれるので、これまで行はれた中山での
傾向とはまったく変わってくるのでしょうか。データで絞り込むのは難しい状況に
なってしまった感じです

有力馬は新設重賞のいちょうSをレコード(1.33.5)で勝利したクラリティスカイ
初勝利を上げるのに3戦を要してしまったが、阪神で勝ち鞍を上げて同コースの
経験している強みはある

人気ならアッシュゴールドでしょうか。
三冠馬オルッフェーヴルやドリームジャーニーを兄に持つ超良血!
デイリー杯ではメンバー最速となる33.6の脚を使って2着と好走。
どちらかというと晩生の血統だが弟も結果を出せるか

デイリー杯を制したタガノエスプレッソ
勝ちタイムは速くは無いが、掛からず折り合いに不安が無いのはいい

そして、個人的に期待しているのがジャストゥイング
2歳馬として史上最速の上がり32.0の記録を作った逸材

 

なんとか晴れた舞台で覇を競う事が出来てほしいと思う

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャンピョンズC 回顧

2014-12-08 20:38:08 | 競馬コラム

今年から名称が変わったチャンピョンズCは
1.51.0で△ホッコータルマエがJRAG1初勝利!

メンバーで最多のG1勝利数誇っていたので結果だけを
みると、むしろ遅すぎたJRAG1勝利ともいえる実力馬でした

本命におした◎コパノリッキーは全く良いとこなく惨敗でした
前走のJBCを激走した反動が出てしまったとしか敗因が
つかめません

対抗の○ローマンレジェンドは早めに動き最後に止まって
3着。勝ちにいった分の差でしょうか

2着の△ナムラビクターは流れが向いた事もあるが
かなり力を付けてきていて、今後とも活躍が期待出来そうです

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

チャンピョンズC

2014-12-02 22:02:09 | 競馬コラム

ダート王決定戦のジャパンカップダートが阪神1800mから舞台を中京
1800mへと変更されさらに名称もチャンピョンズカップと、まさにその年の
ダート界のチャンピョン決定戦を決めるに相応しい名称へと改名された

歴代勝ち馬には、最優秀ダート馬に選ばれた名馬が名を列ねる
クロフネ、カネヒキリ、ヴァーミリアン、エスポワールシチー、トランセンド等
地方、中央で活躍し世界にもなを轟かした名馬達

今年もこれからダート界を背負っていくと思われる馬たちが終結してきた

 

前走で重賞2勝目を上げ、もっか3連勝と勢いに乗ってきたインカンテーション

前走で惨敗はしたが、今年重賞2勝と着実に力をつけて来たクリノスターオー

春のフェブラリーSを制覇しその後地方G1を2勝し、JBCクラシックではレコード
勝ちと、手が付けられなくなってきたコパノリッキー

2012年の最優秀ダート馬ニホンピロアワーズ

南部杯勝ち馬ベストウォーリア

昨年の東京大賞典勝ち馬ローマンレジェンド

地方G15勝のホッコータルマエ

8歳にしても今だトップホースとして走りつづけるワンダーアキュート

 

新しくなった中京1800m『チャンピョンズC』へ覇を競う

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセス状況

アクセスアクセス
閲覧 201 PV UP!
訪問者 36 IP KEEP!
トータルトータル
閲覧 1,080,976 PV 
訪問者 380,056 IP 
ランキングランキング
日別 40,317 UP!
週別 50,881 UP!
  • RSS1.0 RSS2.0