四谷三丁目すし処のがみ・毎日のおしながき 

ホタテが大きくなってきました。タイラギも入りました。トリガイが早ければ1月末~2月上旬に登場します。 貝が並ぶ時期です。

4月4日(火)

2017-04-04 17:07:29 | 清明・玄鳥至つばめきたる


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです

毎週曜日 は 午後2:45~ 営業いたします03-3356-0170
第12回 きんよう☆ごごのがみ は4月7日(金)午後2:45~
第13回 きんよう☆ごごのがみ は4月14日(金)午後2:45~
第14回 きんよう☆ごごのがみ は4月21日(金)午後2:45~
第15回 きんよう☆ごごのがみ は4月28日(金)午後2:45~
第16回 きんよう☆ごごのがみ は5月12(金)午後2:45~

毎週曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170
2017年
第147回 にちよう☆ひるのがみ は4月 9日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]
第148回 にちよう☆ひるのがみ は4月16日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]あとお2席です
第149回 にちよう☆ひるのがみ は4月23日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]
2017年
4月のお休み4/10(月)17(月)24(月)30()
先日お客様のお仕事のお手伝いをさせていただきました。⇒主人が映っています。(3分42秒くらいから) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1dayアーカイブ 2015年~2001年 4月 4日のおしながき
[2016年]今月の後半には自家製・新ガリの仕込みが始まると思います。新生姜の季節になります。


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです
毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。

[2016年]野上啓三が見ている築地の風景 七十二候 
3/30→4/3 [春分・第十二候 雷乃発声かみなりすなわちこえをはっす]


野上啓三インスタグラムより

[2015年]

003[2014年]お通しは築地にも出たての新もずくです。右は能登産、左は下関産です。二種類を少しずつどうぞ‥002_2

004001_2玉子焼きのお皿、新調しました!

002001_2 014_2
日本酒、入荷しました。

⇒『いま、築地』

鯛の子もすべて天然です。

001

[2012年]⇒『いま、築地』

ムラサキウニは八戸と大間、アジは三重と横須賀、イカは佐島スミイカ・勝山だるまいか・横須賀やりいか、こばしら(青柳)は伊勢と野付、コハダは岡山(片身付け)と佐賀(丸付け)、マグロは須崎の赤身と氷見のメジ、いろいろ食べくらべが出来ます。

006

[2011年]

真鯛、シマアジ、ほうぼう、ヤリイカ‥

白いネタといってもいろいろな『白』があります。

004

[2010年]

昔読んだ雑誌か本に“古代ローマではイカ墨を乾燥させておき、文字を書く時はその都度砕いて使い、イカの背骨の部分はペン先に使った…”というようなことが書いてあったと記憶しています。うろ覚えですが。

ちょうど大きめのスミイカが入り、そして大きめのヤリイカが入ったので、主人にお願いしてスミイカの墨玉は破れないようにそっと外してもらい、ヤリイカの背骨は捨てずにとっておいてもらいました。以前イカの墨を割箸に付けて何か書いたことはあったのですが、イカの背骨をペン先のようにしたことがなかったので今回実際やってみることにしました。結果、イカの背骨はメチョメチョに折れてアウト。墨玉の方はけっこういい感じに乾燥しました。

イカの背骨の先端でかろうじて“セピア”と書いたこの三文字、今は薄墨のような色ですが、時が経つとあのノスタルジックなセピア色になります。ラテン語でセピアは甲イカ(スミイカも含む)という意味なのだそうです。

006

[2009年]白海老は一尾ずつ殻を剥いて、こんな感じになりました。003 小羽いわし、好評につきまた仕入れました。ヤリイカも新規です。新生姜の仕込みもスタートしました。003_2

アナゴは旨味をたっぷり含んだ煮汁が煮こごりになっていました。007 日本酒は四本、新たに入りました。004

008

007_3

055

004_2

040

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月曜日は定休日となっております | トップ | 4月5日(水) »
最近の画像もっと見る

清明・玄鳥至つばめきたる 」カテゴリの最新記事