四谷三丁目すし処のがみ・毎日のおしながき 

火~木&土17:30~23:30  金14:45~23:30  日11:30~17:30

12月20日(火)

2016-12-20 17:02:37 | 大雪・ 鱖魚群さけのうおむらがる


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです
毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170

第136回 にちよう☆ひるのがみ は12月25日()11:30~17:30 [ラストイン16:00 ラストオーダー17:00]あと4席です
2017年
第137回 にちよう☆ひるのがみ は1月日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00満席となりました
第138回 にちよう☆ひるのがみ は1月15日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]あと3席です

12月のお休み12/26(月)
2017年
1月のお休み1/1()2()3(火)4(水))
  9(月)16(月)23(月)30(月)
お知らせ 1/13(金)より 毎週金曜日 午後2:45~ 営業いたします03-3356-0170
第1回 きんよう☆ごごのがみ は1月13日(金)午後2:45~ 
第2回 きんよう☆ごごのがみ は1月20日(金)午後2:45~ 
第3回 きんよう☆ごごのがみ は1月27日(金)午後2:45~ 
第4回 きんよう☆ごごのがみ は2月3日(金)午後2:45~ 
第5回 きんよう☆ごごのがみ は2月10日(金)午後2:45~ 
第6回 きんよう☆ごごのがみ は2月17日(金)午後2:45~ 
第7回 きんよう☆ごごのがみ は2月24日(金)午後2:45~ 
第8回 きんよう☆ごごのがみ は3月3日(金)午後2:45~ 
第9回 きんよう☆ごごのがみ は3月10日(金)午後2:45~ 
第10回 きんよう☆ごごのがみは3月17日(金)午後2:45~ 
第11回 きんよう☆ごごのがみは3月24日(金)午後2:45~

先日お客様のお仕事のお手伝いをさせていただきました。⇒主人が映っています。(3分42秒くらいから) 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1dayアーカイブ 2015年~2000年 12月 20日のおしながき

[2015年]野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
03-3356-0170 
営業時間 火~土17:30~23:30  11:30~17:30 

定休日 毎週曜+第1週目の曜日

[2014年]通常通り営業致しました。

003[2013年]メジマグロ4kgの1/4、腹の部分いい脂です。
白子、海が荒れていて少ししか仕入れられなかった様子です。004_2


⇒『築地365』 ※『いま、築地』をまとめました。
001
[2012年]今日入った千葉・勝山の鯖は、脂は軽め・身質は細かく・旨味が濃いのだそうです。

001 [2011年]今日は佐島のタコを煮ます。(足のみ)

⇒『いま、築地』

006

[2010年]今年、お燗にしておいしいお酒に出会いました。根知男山(ねちおとこやま)です。

熱燗がぐっときます。ぜひ。

004

[2009年]毎年初荷の朝は仲買いさんがお年賀でくださる手拭い(タオル)でいっぱいになります。

仕入れでお世話になっている海老専門のお店、マグロ屋さん、貝やコハダなどの小間物屋さん、イカとカツオとメジをよく仕入れるお店、白身とアジをよく仕入れるお店、白身でもアオシロが揃っているお店など十軒以上あります。

最初は大きい魚を一本丸ごとじゃないと売ってもらえなかったり、貝や細かい魚もキロ単位でしか受け付けてもらえなかったりしたようですが、毎日通っているうちに海老を四本とかヒラメを1/4、ホッキ貝二個と帆立貝三枚とか、選りすぐりのものを少しだけ仕入れさせてもらえるようになってきたのだといいます。

主人が自分の感性で見つけたというお店では半年間ずっとまともに口をきいてもらえない中あまりにもいいものが置いてあるので毎日仕入れ続け、やっと会話が出来るようになったという話も聞いています。

魚を見て、仲買いさんと会話をして、仕入れる を繰り返しています。

003_2

[2008年]氷見の寒ブリ腹上(ハラカミ)の部分を仕入れました。「今年は氷見のブリが入ってくるのが少ないように感じる…」というのが主人の感想です。たまに入ってきても10kgに満たないものが多く、ワラサと呼ぶのに相応しいサイズでもブリとして出ていたりするようです。今回仕入れたブリは12.8kg。他の港からもいくつか並ぶ中で、氷見産にグッと惹きつけられたのだとか。「身の色、血合いの色… 巧く表現できないけれど、ずば抜けて輝いて見えた」と。ブリの時期は意外と短くて、一月後半から節分をメドに当店では終了するようにしています。冬を代表する魚のひとつです。

今日は佐島のタコを煮ます。(足のみ)

014

023

035

024

025

048

018

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月曜日は定休日となっております | トップ | 12月21日(水) »
最近の画像もっと見る

大雪・ 鱖魚群さけのうおむらがる」カテゴリの最新記事