7月11日(火)

2017-07-11 23:24:54 | 小暑・温風至あつかぜいたる


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです

7/11(火)今週~来週7/25(火)のご予約状況 03-3356-0170
 ※御予約状況の変動がありますので(更新が追いつかない場合あり)、 お席の確保をお電話03-3356-0170でお願いします。
7/11(火)・・・ お席あと9席です 7席です 6席です 5席です 6席です 8席です 7席です 6席です 5席です 
7/12(水)・・・ お席あと9席です 7席です 
7/13(木)・・・ お席あと9席です
7/14(金)・・・ お席あと9席です 7席です 4席です   2席です    
7/15(土)・・・ お席あと9席です  7席です 5席です
7/16()・・・ お席あと9席です 6席です
  7/17()・・・定休日
7/18(火)・・・ お席あと9席です  7席です  4席です  
7/19(水)・・・ お席あと9席です 
7/20(木)・・・ お席あと9席です  7席です 
7/21(金)・・・ お席あと9席です 
7/22(土)・・・ お席あと9席です 
7/23()・・・ お席あと9席です 
  7/24(月)・・・定休日
7/25(火)・・・ お席あと9席です  5席です  
 毎週曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170
2017年
第157回 にちよう☆ひるのがみ は7月16日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]

毎週曜日 は 午後2:45~ 営業いたします03-3356-0170
第24回 きんよう☆ごごのがみ は 7月14日(金)午後2:45~  

2017年
 7月のお休み7/17(月)24(月)31(月)

先日お客様のお仕事のお手伝いをさせていただきました。⇒主人が映っています。(3分42秒くらいから)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

『のがみのイカの話2』
 7月、8月は新(しん)イカの仕込みが大変です。子(こ)イカとも呼ばれるこれはスミイカの子どもで、シンコと並ぶこの季節しか食べられない寿司屋の風物詩です。

001002_2

001002_4イカ一パイで一貫握る大きさです。Nogami0906_013_2ゲソは穴子の煮詰めをつけて。Nogami0906_014(あっさりした本体の身とは対照的にゲソは味が濃く当店では秘かに人気があります)20120119nogami_000_2

252

9月、10月になると新イカではなくなり、スミイカとして入ります。今、築地同時期、小ヤリイカも入ってきます。今、築地スルメイカが入ると主人は塩辛を作ります。ワタがパンパンに詰まった12月、1月に塩辛を作ることが多いでしょうか。今、店そしてちょうど今頃。2月、早ければ1月下旬。ホタルイカが入ってきます005今、築地今、築地20120307nogami_04そしてまた2月になり、食べごろのスミイカ(左)とヤリイカ(右)です。これから4月頃までご堪能いただけると思います。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1dayアーカイブ2016年~2001年 7月11日のおしながき

[2016年]野上啓三が見ている築地の風景 寿司屋の七十二候
6/26~6/30[夏至・第二十九候・菖蒲華あやめはなさく]
7/1~7/6[夏至・第三十候・半夏生はんげしょうず]
左上から横に
・生本マグロ中落ち(宮城塩釜)・いがうに(青森八戸)・新いか(鹿児島出水)
・タラコ(北海道虎杖浜)・白貝(北海道苫小牧)・新いか(鹿児島出水)
・生しらす(静岡御前崎)・メジマグロ(北海道茅部)・ゴマサバ(神奈川小柴)


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです
毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170

[2015年]

001 002 [2014年]今日は佐島のタコを煮ます。(足とアタマ)
010_2
001_2
004_2新子(シンコ)、本日は静岡・舞阪(まいさか)のものです。
鰹、そのほかたくさん、新たに仕入れました。東北泉(とうほくいずみ)純米と武者者(むしゃもん)黒麹、入りました。012_2011_2

001[2012年]
インドマグロ生入りました。

001

[2011年]

ゴマサバの季節です。

夏はゴマサバ、秋・冬はマサバが旬だと、何年か経てようやく理解できるようになってきました。

写真は7/8(金)のもので左が生のまま、右が酢〆にしたどちらもゴマサバです。

腹に黒胡麻のような斑紋があるのが特徴とのことでマサバと比べると、なるほどお腹の辺りの模様が異なります。

Photo_2

[2010年]

今日は佐島のタコを煮ます。(足のみ)

◇先日受験した「さかな検定2級」の結果が出ました。100問中80問正解が合格ラインで、私の成績は84点で合格致しました。ご心配くださった方、試験に際しアドバイスをくださった方、皆様、本当にありがとうございました。

004 [2009年]

今日も新サンマが入りました。ししゃもは毎年の流れでいうと夏の終わりくらいに出てくるようなイメージでしたが、今回はかなり早めです。昨日はこれだけの数がありましたが003

残りあとわずか四尾となっております。

004 [2008年]

くるまえびは、おが屑の中で保管することで冷え過ぎを防ぐと書きました。北海道襟裳のぼたんえびは北海道の海の温度に近いほうがよりストレスが少ないということで、海水に入れてさらに冷蔵庫で冷しています。005

石垣貝(写真左)が入りました。毎年トリ貝(写真右)が終わる頃、バトンタッチするように登場します。007貝はどれも殻に入ったままでも殻から剥いてあるものでも生きていますが、特に石垣貝は身を殻の隙間から突き出して動いていることが多いです。

新子(左端)に続いて、新いか(右端)が入りました。この時季、新いかの大きいもの=すみいか(右から二番目)もありますし、新子の大きいもの=コハダ(あるいはナカズミ(写真左から二番目))もあります。006 ネタケースの中に大と小が隣り合わせになる、そういう時期です。

031

027_2

026_3

027_3

043

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 月曜日は定休日となっております | トップ | 7月12日(水) »
最近の画像もっと見る

小暑・温風至あつかぜいたる 」カテゴリの最新記事