四谷三丁目すし処のがみ・毎日のおしながき 

カウンター9席の為、事前にTELを頂けると有難いです 03-3356-0170  火~土 17:30 ~ 23:30

10月13日(木)

2016-10-13 11:56:46 | 寒露・菊花開きくのはなひらく


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです
毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170

第129回 にちよう☆ひるのがみ は10月16日()11:30~17:30 [ラストイン16:00 ラストオーダー17:00]
第130回 にちよう☆ひるのがみ は10月23日()11:30~17:30 [ラストイン16:00 ラストオーダー17:00]
第131回 にちよう☆ひるのがみ は10月30日()11:30~17:30 [ラストイン16:00 ラストオーダー17:00]

10月のお休み10/17(月)24(月)31(月) 

先日お客様のお仕事のお手伝いをさせていただきました。⇒主人が映っています。(3分42秒くらいから) 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1dayアーカイブ 2015年~2001年 10月 13日のおしながき
[2015年]お通しの器、新調致しました。今日は佐島のタコを煮ます。
野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。

03-3356-0170 
営業時間 火~土17:30~23:30  11:30~17:30 

定休日 毎週曜+第1週目の曜日

[2014年]定休日でした。

001[2013年]第26回 にちよう☆ひるのがみ  AM11:30~PM5:30
2013.2月より日曜日の営業時間等が変わりました。内容はこちら
AM11:30~PM5:30 [ラストインPM4:30 ラストオーダーPM5:00]
 
03-3356-0170 (カウンター九席の店のため、お越し頂く直前にでもTELいただけるとありがたいです)  006[2012年]今日は北海道・浦河の白子です。

001_2 005_2やなぎむしがれい、高級魚です。しかもかなり肉厚です。002_2

003_2 海老は車海老と004_2 ぼたん海老、二種あります。

001 003 004 005 006_2 [2011年]ししゃもはオス・メスがまだはっきりしない大きさだそうです。

005

[2010年]

しまあじ1.2kg、めじまぐろ2.4kgです。山形産天然なめこは赤出汁、お味噌汁、どちらでもどうぞ‥006 001_2

昨日(10/12)より、ノンアルコールビールテイスト飲料は、サントリーオールフリーを採用することにしました。

⇒『いま、築地』

007

001

[2009年]100kgくらいの本マグロ中落ちです。002

裏表びっちり身があります。004

メジマグロは本マグロの小さいもので、今回は8.6kgです。北海道からです。このメジについては近々日月写真館にて主人が携帯で撮ったものをアップします。

あずきハタ、普通600gとか800gくらいのものが主流で、1kgあれば「大きいねぇ」と言われる中、これは2.8kgのものです。雉(きじ)の羽に斑紋が似ているからキジハタという名が付いた(食材クッキング事典・学研より)と書いてありますが、築地ではアズキと呼んでいるのだそうです。よく見ると斑紋が小豆のようになっています。

003 コハダは江戸前・船橋の大と小、別の仲買いさんからそれぞれ仕入れました。006

この大根を入れたということは…005

一緒にお出しする からすみが仕上がった、ということです。完成いたしました。

ひらすずき、今シーズン初入荷です。すずきは夏が旬ですが、ひらすずきは冬が旬です。

※昨日と一昨日の日月写真館の写真が携帯の画面で見るとおしながきになっていました。申し訳ありません。こちらが正しいものです。001_2

017

[2008年]カツオ節を挟んで握るものがあります。芽ネギ、子持ち昆布などです。削りたての香りがいいのでこんな風に削って引き出しに溜め、そこにシャリを軽く押しつけてから握ります。

お浸しの上にそっとのせる場合もあります。

お浸しで思い出しました。以前お浸しにはマグロ節の糸がきを使っていました。店を始めて三~四年の間でしょうか。

ある日、主人は削り器とカツオ節を買ってきました。特に深い意味はなく、変えてみたくなったのだそうです。

カツオ節は買ったらまずサッと表面を水洗いし吸水ペーパーに包んで冷蔵庫に一晩置いてから削り出すのだと専門店の方から聞いてきてすぐにやっていました。削り器は道具屋さんおすすめのものが二つあり、刃物屋さんが作った『切れ味は最高だけれど箱の部分は普通』というものと木箱の細工を得意とする道具屋さんが作った『引き出し部分などは最高だけれど刃物は普通』のどちらを選ぶかということで、主人は刃物が最高の方を選んできました。

お吸い物の出汁やポン酢作りには同じ本枯れ節を使いますが、この削り器で削ったものではなく専門店の機械で均等に薄く削ったものをふんだんに用います。

006

009

012

013

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鮓すし 鯏あさり | トップ | 鮟鱇あんこう 鯣するめ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む