四谷三丁目すし処のがみ・毎日のおしながき 

火・水・木17:30~23:30  金14:45~23:30  土17:30~23:30  日11:30~17:30

第157回にちよう☆ひるのがみ11:30~17:30[ラストイン16:00ラストオーダー17:00]

2017-07-16 01:48:00 | 小暑・蓮始開はすはじめてひらく


野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです

7/16()今週~来週7/25(火)のご予約状況 03-3356-0170
 ※御予約状況の変動がありますので(更新が追いつかない場合あり)、 お席の確保をお電話03-3356-0170でお願いします。
7/16()・・・ お席あと9席です 6席です
  7/17()・・・定休日
7/18(火)・・・ お席あと9席です  7席です  4席です  
7/19(水)・・・ お席あと9席です 
7/20(木)・・・ お席あと9席です  7席です 
7/21(金)・・・ お席あと9席です 
7/22(土)・・・ お席あと9席です 
7/23()・・・ お席あと9席です 
  7/24(月)・・・定休日
7/25(火)・・・ お席あと9席です  5席です  
 毎週曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170
2017年
第157回 にちよう☆ひるのがみ は7月16日()11:30~17:30 [ラストイン16:00ラストオーダー17:00]

毎週曜日 は 午後2:45~ 営業いたします03-3356-0170
第25回 きんよう☆ごごのがみ は 7月21日(金)午後2:45~  

2017年
 7月のお休み7/17(月)24(月)31(月)

先日お客様のお仕事のお手伝いをさせていただきました。⇒主人が映っています。(3分42秒くらいから)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


おかみノート 『マイおちょこ』

「これ置かせて」と頼まれることがある。
“マイおちょこ”だ。
気に入った器でお酒を飲みたいとおっしゃる
お客様のお気持ちはよく分かる。
できれば私もお客様おひとりおひとりのおちょこを
管理してその都度お出しできれば素敵だなと思う。
でも、お預かりする場合はかなり念を押す。
壊れてもいいですか、と。
私はおっちょこちょいだ。
「お気持ちはよく分かっているつもりです。でも
 壊してしまう可能性があるのでなるべくお受け
 しないようにしていまして・・」
「だーいじょうぶ、そうそう壊れないから」
「でも、でも、慎重に扱うようにはしますけど
 本当に壊してしまうかもしれませんよ?」
「いいから。壊してもいいから置いて」
そこまで確認してからお預かりするようにしている。
ペアでお預かりしたガラスのおちょこがあった。
毎日お見えになるお客様でかなり慎重に扱っていたのだが、
使い始めて十日目に壊してしまった。
洗う時は大きいお皿などとぶつからないように気をつけて
扱っていた。その日はなぜか気が弛んでおり、冷蔵庫に
仕舞う際に手がすべって床に落ちた。青に黒い縞が
入っている方にひびが入った。
翌日、持ち主のお客様が三名様でお見えになった。
おちょこをお盆に載せていき「すいません」と謝ると、
「コイツに謝って。俺たち“お世話になった御礼に”って
 このペアグラスコイツからもらったんだよ、なぁ?」
問いかけられた女性は膝のハンカチを広げなおしたりして
何も言わなかった。・・コイツ?言われて目線を辿ると
一緒にいらしていたもうおひとりの男性が、ひび入りの
おちょこを見たまま仰った。
「金箔が入っているのを探すのに苦労したんです・・・けど」
「申し訳ありませんでした!」と謝ると、
ふっと私を見て、そしてまたおちょこを見て黙っていらした。

店が終わって落ち込んでいると
「気にしなさんな」
と主人が言った。
「まさかあのおちょこを贈ったご本人がいらっしゃっていたなんて」
「なー」
「“壊してもいいって了解取り付けてます”なんて
 絶対言えないし、だから割ってもいいってもんでもないし
 まさかそんな思いのこもったものだとは知らなかったし・・・」
「まぁ、慎重に扱ってた結果こうなったんだから
 しょうがないじゃん」
私はカウンターに手を着き椅子を後ろに反らせながら言った。
「・・・実家でさ、家族何人もが水飲んだり麦茶飲んだり
 するのにワンカップ大関のガラスで出来た空きカップを
 使ってた時期があったんだけどさ」
「うん」
「あれってちょっとやそっとじゃ割れないよね」
「あー割れないね」
「割れちゃこまるオシャレなグラスはさ」
「うん」
「割れるよね」
「ああ、割れるね」
「だよね」
「帰るか」

一晩眠れば少しは落ち込みが軽くなっているはずだ。
そう思いたかった。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1dayアーカイブ2016年~2001年 7月16日のおしながき[2016年]

野上啓三インスタグラム、始めてからしばらく経ちました。
すべての魚・貝、天然ものです
毎週日曜日(第1週目を除く)11:30~17:30
お子様をお連れのお客様と、大人のお客様とが
一緒にお越しいただける日にいたしました。03-3356-0170

[2015年]


001 003 本日も仕込み完了しました。
002003
[2013年]
002_2

日本酒入りました。
・亀齢 万事酒盃中
・仙禽 夏酒
・魔愚魔 超辛口純米
・親父の小言
・豊盃 裏ビキニ娘2013
です。


006_2[2012年]

サンマ、出始めました。

018

003[2011年]

しんこ、少し大きくなって二枚付けくらいになってきました。

019

今日は芽ネギが握れます。浜松から。

⇒『いま、築地』

001 002 [2010年]

熊本のはまぐりが入りました。やわらかくて貝の旨味が濃いです。

⇒『いま、築地

わたしの魚(ウォ)キペディア 第11回 あわび

020

アワビのにぎりを自主的にオーダーしたことがあるのは回転寿司くらいです。二十代前半、普通皿の何倍も高いプラスチックの伊万里柄皿にビビりながらも二~三度頼んだ記憶があります。

そして今。ほかの寿司屋さんに行ったとしても「アワビください」とは言わないです。たまたま出てきたら、食べます。中華料理のテーブルがぐるぐる回るようなお店でもそうです。たまたま出てきたら、食べます。私にとってアワビとは『偶然出会う賜りもの』のようなものです。たとえるならば幼稚園の折り紙あそびの時間にひとり二枚ずつ配られる紙の一枚が金か銀だった、みたいな感じです。目の前にするとちょっと舞い上がるところも似ています。

009

[2009年]

こち、サンマ、うに、しんこ、アワビ、白イカ、いさき、たかべ…すっかり夏らしくなってきました。たかべの塩焼きは一尾が多ければ半身で焼きますのでお気軽にお声をお掛けください。

004[2008年]

今朝主人が築地に到着したら、いつもびっしり停まっているはずのトラックがまばらで、歩いている人も普段の水曜より少なく、仲買いさんには「競りがいつもより早く終わったよ」と言われ、見渡すと鰹をほとんど見かけず、でも普段から太いパイプのある何軒もの仲買いさんに守られ、通常とほとんど変わらない仕入れが出来たとのことでした。

新秋刀魚、石垣貝、白いかもまた新たに入りました。

037

038

039

032_2

034_2

035_2

048

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月15日(土) | トップ | 月曜日は定休日となっております »
最近の画像もっと見る

あわせて読む