sarada's bar

マンドロンチェロ弾きの徒然日記

坂マンドリンクラブ練習日記 2017年7月15日

2017-07-16 13:05:49 | 練習日記
今日も一日暑くて忙しい日でした。どうにかやりくりして練習に向かいました。
扉を開けると、ギター合奏の練習の真っただ中。他のメンバーもほとんどいつもの顔が揃っていて、急いで楽器を出し準備をしているとなんだか知ってるメロディが・・・。ギター合奏さんの音でした。他のメンバーの音に負けずきれいな主旋律が聞こえてきて少し癒されました。
今日はKさんがドラで参加してくださいました。ありがとうございます!今日のドラと1stは最強ですね(^^;

1st6人 2nd4人 Dola5人 Cello1人 Guiter6人 指揮者1人
以上23名の参加でした。
1stさんには久しぶりのお顔がお二方。
あさっては坂町にあるグループホームでの慰問演奏会。今日はその曲をメインに練習かと思ったら、メンバーがいい感じにそろっているので11月の曲も少し練習しました。

まずは「瀬戸の花嫁」
選抜メンバーだけでの演奏でした。
演奏が硬いのと、ギターのお二方の息が合ってなかったので、再度通してこの曲は終了。

「古城」
8分音符がトレモロだったりピッキングだったり…全部トレモロに統一されました。曲が重くなりませんか?と質問したら、「重い曲なので良いです」と言われました。了解。
「千曲川」
あさってに本番を控えて、今更楽譜を探している方が約一名・・・・誰とは言えません、さすがに・・・(--; 楽譜を持っている方の隣へ移動して練習再開。

「高校三年生」
聞いた方が高校3年生の気持ちになるように弾きましょう!
通した後の感想は良かったらしいです。

「夜明けの賛歌」
メンバーがそろっているので歌謡曲ばかりではもったいないという事で、この曲。
初見の方が2,3人。頭から。ギターパートの後セロが入ります。1小節フライングでギターの音が(^^;でも大丈夫。流れがわかれば入るところも自ずとわかってくるものです。途中14小節休みのところを数えそびれて、入れなかった。。。当然指揮者様には、「音が聞こえない」とご指摘を頂きました。掛け合いになっているところなので数え間違えたら最初のところとは違って、聞いてても分からなくて(^^;一番集中しなきゃいけないところです。
後半の♯5個の個所はまだ弾けない。また書いてる「まだ弾けない」って。いい加減きちんとしゃきゃね。

「オペラ座の怪人」
Aからギターさんだけで。なんかこの曲に似合わんリズム。難しそう。原曲聞いたらメロディのほかはセロが刻んでる音が一番目立つんですけど。ギターさんにも手伝ってほしいなぁ。「セロ聞こえない」ってまたご指摘が(TOT)
メロディを弾くパートはこの曲が「悲恋の曲なんだという事をよくわかって弾いてください」と一言ありました。元気よく弾く曲ではないんですね。

「北国の春」
いきなり入りそびれて、シャープも忘れて弾きはじめあわててしまいました。本番ではこんなことにならないよう明日は練習しなくては。
「川の流れのように」
ドラさんのメロディがちょっとやばかったです。本番は持ち直していると思いますが、頑張ってください!

「北夷」
頭から。マンドリンパートさんたちは深い霧を思い浮かべて、ギターさんは霧に濡れた木の葉からしずくが落ちる様子を出して。Dの入りを繰り返し練習。そしてEのギターさんが速くなるので落ち着いて。Jに入ってから2ndさんの目立つところがあるらしいが、入れなくて弾けなかったみたい。
175小節目からKに入るまでが、わかった気がしていたけれど、やはりまだ??って感じ。正確には179小節から。音源をまた聞いてみよう。

今日は休憩時間に赤肉メロンがHさんの差し入れでありました。ちょうどよく冷えてておいしかったです(^^)

17日は9時30分現地集合。服装は自由。忘れ物の無いように選抜メンバーさんたちは頑張って参りましょう!


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 迷惑メール 解決!? | トップ | 坂マンドリンクラブ練習日記... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

練習日記」カテゴリの最新記事