sarada's bar

マンドロンチェロ弾きの徒然日記

練習日記 10月15日

2016-10-16 00:20:52 | 練習日記
今日のカープはデーゲーム。段原界隈は非常に道路が渋滞します。
ハラハラドキドキの試合でしたが、なんとかDeNAに勝利し、日本シリーズ出場
を決めました!良かったですね。
さてさて坂マンは・・・来週の日曜の本番に向けてあと2回の練習です。
日が落ちるのも早くなり、坂へ着いた頃は薄暗くなっていました。

1st4人 2nd6人 Dola4人 Cello1人 Guiter6人 
Bass2人 フルート1人 指揮者1人
25名の参加でした。

まず代表から連絡事項です。これからのスケジュールを書いた紙が配られました。
12月初めまで休みなしに練習が続きます。川本町の本番についても説明があり
ました。
途中代表の携帯が鳴り、ベースのMさんが迷われているようす。私が迎えに行き
ました。コミュニティホールへの入り口が分かりづらいので、少し通り過ぎたところ
で止まってらっしゃいました。コミュニティホールまで案内し、めでたく練習参加と
相成りました。一旦外から練習会場の部屋へ入ると、熱気がすごい!エアコン入れて
もいいのでは?と思ってしまうほどでした。

「栄光の架け橋」
出だしギターさんの2小節目がそろいません。何度かやり直して3小節目1stが
入ってきますが、はっきり入るように、ドラさんのメロディももう少し堂々と、
と指示があります。一度通した後にEとJの1stがソロかそうでないかの確認が
ありました。再度頭から今度はEはみんな弾いているのがわかったようですが、
Jがもう少し頑張りどころのようです。

「カバレリアルスティカーナ」
最初に強弱記号や音の訂正などが指揮者様からありました。セロは1か所だけ。
ドラさんと2ndさんはいくつか訂正がありました。
頭からですが、テンポが安定しなくて何度かやり直し、しまいには「お化けが
出てきそうだ」とまで言われ、ドラセロだけで頭から。私、6小節目で痛恨の
ミスタッチ!すごーく目立つところなのはわかってるだけに、なぜ間違えたか
自分でもわからない。
気を取り直して再度頭から。19小節目から20小節目は曲想が変わるので休符で
しっかり音を切ること。27小節28小節と29小節30小節は会話をするように。
最後のギターさんのアルペジオの上昇音、難しそうです。きれいに音が出ると
きっと素敵。

「ハイムライゼ」
131小節目のAllegrettoからフェルマータの後の入りの練習です。なかなか定
まりません。あれこれ意見が出ますが、1st2ndさんたちが入らないと私たちも
入れないので、そこにかかっています。
83小節目のAdagioから。ギターさん出だしはっきり目で音を出して少し
デクレッシェンドして1stさんにバトンタッチする感じで。

そうこうするうちにベースのMさん登場!って、イニシャルで書くとおんなじだ!
M田さんって書いてもおんなじだ!!どうしよう。。。
そうだ!近い方のMさん8時ごろに到着。ありがとうございます。

少し休憩。7時半過ぎごろにエアコンが入りました。涼しい・・・を通り越して私の
席は寒くなってきたので、設定温度を2度ほど上げに行きました。

練習再開。
ハイムライゼ頭から。ベース2本で後ろから迫ってくる感じ。なんか焦る。ヴェルキ
独特の音の並び、セロ・ベース同じ動きだとなんか焦ってしまう。
焦ってとっ散らかってしまいそうになる。気を付けよう。
通した後110小節目の音が気になると代表からありましたが、
分解して検証の結果、問題なし。

8時30分、ここで遠い方のMさん帰られました。来週は最後まで参加しますとのことでした。

最後に演奏曲順に通します。
私、集中力が途切れたのか、どの曲もミスタッチ連発で散々な出来でございました。
泣いても笑っても来週が本番前最後の練習です。頑張りましょう。

外に出ると、雲が少し晴れて満月が輝いていました。この時期の月は本当にきれいですね。


次の練習は10月22日土曜日19時から 
開場は18時半ごろですので、早めに来て音出しも出来ます。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 練習日記 10月10日 | トップ | 練習日記 10月22日 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む