駆潜亭清吉丸釣行記

海山釣行録

カサゴ

2017年07月11日 | Weblog
浜名湖わし丸さんから中深海釣りに行って来ました。
前日にサバ短冊、イカ短冊のエサ切りと仕掛けも余裕分作り準備万端。
今回の釣行は三男と同行。
そしてO空さんが御同乗なので和気藹々と、で、もしもの時のキャスティングロッドも忍ばせ出港出湖。
o空さんの近況カツオマグロキャスティングを伺いながら途中に太平洋フェリー白い貴婦人?木曽か石狩かを見て、そしてポイント到着。
期待に胸膨らむが船長から「潮がド速い」そうだ。
確かに海色が紺碧色に近く黒潮由来が入ってきているようだ。
とりあえず一流し目。
やはり潮早く着底するとラインが10m近くは余分に出てしまう。
これではポイントもつかみ難いだろうし仕掛けも浮き気味だ。
それでも船長の一所懸命の操船でまずはオニカサゴ確保。
続いて旨~いモッチリホウボウがきて、まずは一安心院。
なんとか三男に型物がくるのを期待するがポツポツと行き当たりばったりのユメカサゴを拾う。
型物のアタリはその後4,5回はあったが掛からない。
潮が早歩きぐらいの速さなので仕掛けを引っ張る感じか・・。
海底から上向きのカサゴ族もいざ視線にサバ短が入ってもアっという間に過ぎ去ってしまうのだろう。
で隣魚のテリトリーに入るので深追いも出来ず掛かりが悪いのだと推測。
そして、ますます潮流が増し不慣れな三男のために気遣ってくれたのか幾分は大人しい潮の海域まで戻ることに。
水深も中深海より浅めの小深海。
これは釣りやすく、後は御魚が拝めればというところ。
と三男に型物のアタリ発生。
数時間ため込んだ喜びを発声して上がったのはウッカリカサゴ。
に連続で大型ホウボウを上げて展開的にも満足そう。
そして最終流しで自分には確かだが小さな生命反応とかなりのの重み。
とりあえず慎重に巻き上げて上がったのはアヤメカサゴのダブルに巻き付いてきたテズルモズル。
次回につながる良い獲物で終わりたいものだが気持ちの悪いテズルモズルでシドロモドロで終了。
それでも終わってみれば船中、三男も良い釣果でおやじ的にもホっと安心院だった。
釣果二人(ホウボウ2尾、オニカサゴ、ウッカリカサゴ2尾、ユメカサゴ22尾、アヤメカサゴ5尾、サバ2尾、カナド、アズマハナダイ、ヘビ、テヅルモヅル)









『釣り』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イサキ | トップ | イサキ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (ちろう)
2017-07-12 23:13:40
お疲れ様でした。

しかし、中深海は期待を裏切らないですねー。
今回もクーラー『真っ赤っか』(*^o^*)
・・・あっ一部カレイは赤くないですが。
最近の『西(三重)遊記』では、スカくらう確率が高いだけに、『東方(新居)見聞録』に癒されてます。(^_^;

また、凪吉日によろしくです。
うまい!ざぶとん三枚 (S酒)
2017-07-13 15:54:21
夢破れても鮫森あり。

楽しめて美味しい土産付きはありがたいです。

昔の北(小浜、玄達)帰行は期待の割には散々でした南無阿弥陀仏(他に思いつかん)。

ではキャスティング頑張って下さい。
またよろしくお願いします。





コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む