ユイガハマーナ

鎌倉の海と山を走るテディベア作家の日常

【zukke 100% Love】のブログです。

綿キターっ!!!

2016-09-26 | テディベア
・・・てことで、やっと頭の綿詰めが終わって、目と耳を付けてみました

下あごは付けようかやめようか思案中です。
鼻の刺繍とメイクで多少イメージは変わると思いますが、今の時点でこんなイメージの子になります。

さてと、ハロウィン納品まで後2週間弱。
他にご用意も子達もいますので、そろそろ全力疾走状態に入ります!

・・・ところで、我が家のまめ丸君。ただいま7ヶ月半にてタマタマを無事に撤去。
めでたく一人前の家猫になりましたっ

てへっ、はずかしっ!(まめ丸)


「一人前」という言葉がちょっと恥ずかしいと思ったことがある人、ワタシをポチっとね 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村

zukkeのくまブランド「zukke 100% Love」のFacebookページはコチラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

そして、綿が無いっ!

2016-09-22 | テディベア
何もお見せ出来るような画像が無いので、またまたゴチャゴチャの作業机の上でゴメンナサイっ

今回のハロウィン用クマレンジャー制作は難航しております。
思い描くところの頭形になかなかならなくて、何回もパターンを引いて、縫って、綿詰めして・・・残念ー!・・・で、またパターンを修正するの繰り返しで、気がつくと綿が無いーっ!!
zukkeのお気に入り綿はプリメーラさんから出している「コットンタッチ」。他のメーカーを試してみたことはあるのですが、やっぱりこれに戻って来ます。特に頭部の綿詰めはっ。
とりあえずの試作は他の綿でと思うのですが、・・・あああっ、不覚ー!・・・「いつでも有ると思うなよ親と綿」であります。

・・・てことで、またまた新しい子の画像アップが遅れると思いますが、頑張っておりますので許して下さい



いつでも有ると思った物が無くて困ったことある人、ワタシをポチっとね 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村

zukkeのくまブランド「zukke 100% Love」のFacebookページはコチラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン準備っ♪

2016-09-17 | テディベア
シルバーウィーク、始まりましたね〜。前半3連休の初日の鎌倉、お天気良いです
浮かれ出たいところですが、そろそろ本格的にハロウィンの子達の準備をしないといけないのでちょっと我慢です。
zukkeの今年のハロウィン作品は、いつもは春でお世話になっている横浜高島屋6F玩具売場内のテディベアショップさんでお披露目しますっ会期が近づきましたなら、また詳しくお知らせ致しますね。



・・・で、今年はちょっとワイルドな娘をハロウィンに送り出そうと思います。

さて、どんな娘になるかな?お楽しみにっ

・・・で、でででっ!
この間の記事で「ガラスの仮面」を話題にましたが、それを知って知らずか「ガラスの仮面」文庫版の最新刊27巻が昨日発売されていましたっ

早速完読っ!
しかし、あのお嬢、紫織姫が八百屋お七になったりオフィーリアになったり、いったい何がどうしたじゃー?!?・・・てことで、また26巻に戻って逆読みを始めるzukkeでございます


「ガラスの仮面」の新刊が気になる人、ワタシをポチっとね 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村

zukkeのくまブランド「zukke 100% Love」のFacebookページはコチラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コミック対決っ☆

2016-09-14 | 本と映画と音楽と
この夏のベアコンが終わったあたりから、読みふけっているコミックがあります。
それは「ガラスの仮面」

「えー?この有名なコミックを、何を今更っ!」とおっしゃいますなっ。
雑誌に連載当初は少しは読んでいたんです。
でも、ラーメン屋さんに母娘で住込の手伝いとして働いているビンボウな子、失敗ばかりしている出来の悪い子、それをいつも責め立てる母、お芝居のチケット一枚でど根性娘に豹変するちょっと恐ろしい子的な当初の設定に付いて行けず・・・今思えばこれは重要な設定でした・・・ほとんど読んだ事も無いのに知ったつもりでいたコミックでした。
そして、連載が始まった70年代後半zukkeは美大目指勉強していた頃で、絵の好み的にもド少女漫画的な絵からオサレ系イラスト的な絵に変わっていました。お話もド根性物や恋愛ドロドロ物からSFやファンタジーへ・・・「地球へ」や「スターレッド」もこの頃かも。
しかし、「ガラスの仮面」は連載開始されてから40年たった今でもまだ完結されず人気も衰えていないとかっ。
・・・てことで、今更ながらですがこの禁断の書に手を出してしまったわけです。しかも、逆読みでっ!(文庫版の最新巻26巻から1巻目指して読んでいます)ただいま11巻っ
まっ、内容は皆様の方がよくご存知と思うのでここではスルーです。

・・・で、同じ「ガラス」繫がりで・・・zukkeの中で今まで「ガラスの・・・」といったらわたなべまさこ先生の「ガラスの城」だったので、「ガラスの城」をば、ちとご紹介です。もちろん内容は「ガラスの仮面」とは全然違います。子供の頃は本当の姉妹のように育てられた身分に違いのある美しい姉妹の・・・サスペンスホラー物語っ!
アラ還世代のzukkeも連載当時はかわいい小学生そのころ人気のあった少女漫画雑誌は「週刊マーガレット」と「週刊少女フレンド」。どちらも読みたいけれどお小遣いの少ない女子小学生は、友人同士おこずかいを出し合って毎週その2誌を買って来ては回し読むのが楽しみでした
「ガラスの城」は当時の小学生にはちと衝撃的なものでしたが、外国文化への憧れや当時のファッションへの憧れがその絵の中に存分に含まれていて、毎週楽しみでした。今、その絵を見てもGペン、もしくはカブラペンをグイグイやった感がリアルに感じられる独特な美しい線です

「ガラスの仮面」も「ガラスの城」も、あら懐かしいと思ったアラ還世代の方、是非再読してみてください。主人公達への思いが自分の人生感を通してみると、あの頃とは違った感じがするかもです。
「・・・の城」繫がりで「ガラスの城」対「砂の城」なんてのもありかも。(「砂の城」もほとんど読んでないけどっ)

・・・で、こちらは同じ種目のスポーツ繋がりで「エースをねらえ!」対「スマッシュをきめろ!」
画像どおりzukkeは「スマッシュをきめろ!」派です!

「スマッシュをきめろ!」の連載が、ちょうど中学の部活で軟式テニスを始めた頃と被っていて、作中のような変化球が打てないものかと鼻息荒くして読んでいました。(軟式の柔らかいボールが相手だったので、バンバン変な球が打てたし
「エースをねらえ!」も嫌いではありませんでしたが、どうも主人公が好きになれずイライラしてしまうので途中で読まなくなりました。そして、皆様の方がお詳しいと思うので、ここでも内容はスルーです。
「スマッシュをきめろ!」の主人公は、美しくテニスの才能に恵まれファッション界で成功した母と裕福な暮らしをする皆から憧れられる存在。そんな主人公が訳有って別々に暮らしていた妹とテニス対決!みたいな内容ですが、主人公の才能は日々特訓の努力から、父は既になく、恵まれた暮らしは母の血と汗の結果。まるで「ガラスの仮面」の亜弓さんのような人です。

「ガラスの仮面」のマヤと亜弓さん。「ガラスの城」のマリサとイサドラ。「スマッシュをきめろ!」のさおりと真琴。

しかし、なぜこうも少女漫画とは女vs女なのでしょう?

「紅天女」が無事終演したあかつきには、マヤと亜弓さんに是非「ガラスの城」と「スマッシュをきめろ!」を演じて頂きたいです


「ガラスの城」と「スマッシュをきめろ!」を知ってる人、ワタシをポチっとね 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村

zukkeのくまブランド「zukke 100% Love」のFacebookページはコチラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

U15ABC無事終了のご挨拶っ♪

2016-09-12 | テディベア
みなさま、一昨日の「U15ABC」では暑い中たくさんのお客様にお出でいただき、また、たくさんの方にzukkeの作品を見ていただき、お家に連れ帰っていただいた子もたくさんいました。誠にありがとうございました!
初チャレンジのちびちび着せ替えドール「ちびちびガールズ」も三姉妹のうちふたりが、「ぱんつクマ」にも全てお家が決まりましたっ増産したオオカミベルとオオカミチャームにもお家が決まり、また来月のハロウィン作品展用に作ることになりましたっ!
オオカミファンの皆様、またよろしくお願い致します

・・・ということで、一休み中のアトリエの中です。
早くも読書の秋ということなのか、みんな熱心に本を読んでいます。

もっとも、ちびちび赤ずきんにせがまれて本を読まされているちびオオカミ婆ちゃんは、絵だけ眺めて適当な作り話をしているようですが・・・

赤ずきんドールの初号機ちゃん、その本は何ですか?


初号機:ミニチュア作家NaoColleさんの豆本よ。私たちにピッタリサイズなの

そうなのです。「U15ABC」でお隣出展していたNaoColleさんの神業豆本。しかも赤ずきんちゃん

大きいほうは身長18cmの赤ずきんドール用。小さい方は身長8cmのちびちび赤ずきんにぴったりサイズもう、ゲットするしかないでしょ!
NaoColleさん、ありがとうございました!大切にします



ちびちび赤ずきん:ねえ、ねえ、お婆ちゃんっ、赤ずきんちゃんはその後どうしたの?ねえったら〜!

オオカミ婆ちゃん:あらら、いててっ!舌咬んじゃった!痛くて、もうお話できないよ。(ふう、もうそろそろ諦めてくれないかね。もう、10回くらいでまかせで読んでるんだから)



子供に何回も絵本を読まされて疲れたことある人、ワタシをポチっとね 
にほんブログ村 ハンドメイドブログ テディベアへにほんブログ村

zukkeのくまブランド「zukke 100% Love」のFacebookページはコチラ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加