黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

歌と共に 「青い山脈」

2017-03-07 | 歌・音楽
「青い山脈」西条八十 作詞 服部良一 作曲

若く明るい歌声に 雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割り桜 空のはて 今日も我らの 夢を呼ぶ

古い上着よさようなら 寂しい夢よ さようなら
青い山脈 緑の谷間 旅を行く 若い我らに 鐘が鳴る

父も夢見た母も見た 旅路の果ての その果ての
青い山脈 輝く峰の 懐かしさ 見れば涙が また滲む

何と言っても歌声喫茶などでは最初に歌うと盛り上がるし、歌詞を見なくても歌える名曲です。若い頃は仲間とハイキング・スキー・バス旅行などでは良く歌いました。

映画は青春映画・歌詞も青春歌謡ですが、戦争がおわり民主主義の世になり夢がもてるようになった事を意味していると言われています。

作詞は童謡・流行歌で数々のヒット曲のある西条八十の作詞で、太平洋戦争中の軍国主義を「古い上着・さみしい夢」にたとえ、民主主義に変わった戦後を、強く明るく夢を持って生きてゆこうという歌だそうです。

ただ、今の世の中は民主主義?・金がすべて・凶悪犯罪が増え・政治家ではなく金権政治屋が増え・自由を履き違えた人間が多くなり、作詞者やこの歌を歌っていた人たちが夢見た世の中なのでしょうか。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« お雛様を片付けました。 | トップ | 高齢者には見たいテレビ番組... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

歌・音楽」カテゴリの最新記事