黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記などを徒然なるままに掲載します。

読書「新選組の謎と歴史を訪ねる」

2017-05-16 | 読書
山村達也著「新選組の謎と歴史を訪ねる」KKベストセラーズ刊を読み始めました、「いくつかのNHK大河ドラマで時代考証を担当してきた作者が様々な資料を基に、その謎を解き明かしながら、隊士たちの足跡をたどる」の紹介文に引かれました。

新選組関係・特に好きなラストサムライ土方歳三関係の本は多く読みましたが、小説・映画・テレビなどでも取り上げられていますが、この本は資料を基に多摩から土方歳三終焉の地、函館までを、史実・謎解きをしているとともに、史跡案内・地図もあり観光ガイドとしても楽しめそうですが、読んでも細かいことなどはすぐに忘れてしまうので、困ったものです。

土方歳三については、函館五稜郭・生家のある東京都日野市・歳三の墓・新選組と関係が深い高幡不動尊は訪れましたが、まだ出かけていない京都の金戒光明寺・壬生寺・八木邸他、土方歳三の足跡を訪れるために京都旅行を計画しましたが風邪でキャンセルになり悔しい思いをしました。

その後は家庭の事情で遠方への旅行は控えているので、せめて本の中で旅をしたいと思います。
『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 逗子懐メロを歌う会第2回に参加 | トップ | ミニミニ工房の掃除と一部模様替 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む