黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記などを徒然なるままに掲載します。

禅語・格言などを勉強中です。

2017-07-17 | 読書
好きな禅語・格言は「行雲流水」「一期一会」でしたが、少しづつ勉強して増やしていこうかと思っています。今回は次の二つです。言葉自体は知っていても真の意味が解らないことが多く、また、本を読んだだけだとすぐに忘れてしまいまうので、パソコンに入力すると少しでも忘れないのかなと思い投稿しました。

1「起きて半畳寝て一畳、天下とっても二合半」
 人間は起きているときは半畳のスペース、寝るときは一畳あれば足りる、天下人となっても一回の食事で食べられるのはせいぜい米二合半あれば足りる、人間はそれだけの存在という事ですね。起きて半畳寝て一畳は禅寺の道場の修行僧のスペースですね。
 
2「小欲知足」
 足ることを知っている人は貧しい生活をしていても、心は安らかで幸せを感じているが,たるを知らない人は豪邸に 住み贅沢な暮らしをしていても満足をしない、足ることを知らない人はどんなに裕福であっても心は貧しいというこ とだそうです。 姻族に足るを知らない贅沢三昧で強欲非道の輩がいます困ったものです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 木を彫る秘訣とは | トップ | 「食の安全・安心」を学ぶ視... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む