黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記などを徒然なるままに掲載します。

箱根湿性花園花散歩 その1

2017-06-18 | 
箱根湿性花園は湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心とした植物園です。
園内には低地から高山まで日本各地に点在している植物200種ほか草原・林・高山植物1100種が集められ、その他外国のめずらしい山草を含め約1700種の植物が四季折々に花を咲かせています。
ハコネウツギ



トキソウ(朱鷺草)



キツリフネ(黄釣船)


コマクサ(駒草)




ホテルブクロ



エゾウスユキソウ(蝦夷薄雪草)



ニツコウキスゲ


オニシモツケ


エゾルリソウ(蝦夷瑠璃草)



花の名前は名札や図鑑等で調べていますが、間違っていたら教えてください、「湿性花園その2」は次回投稿します。
17日投稿18日写真一部削除しました。
『たのしい』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« MOA美術館「茶の庭」「展示品... | トップ | 箱根湿性花園花散歩 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む