黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記・フォトチャンネルを徒然なるままに掲載します。

読書感想「なぜ歩くなぜ祈る」

2017-09-15 | 読書
根本順善 風人社

心に残った・なるほどと思った・共感できた文章を抜粋(太字)し、コメントしました。

「仏のおわす静謐な環境で、あらゆる仏教書を何回読み返せば、それなりに頭にいれることは可能です。もしそれで良しとしてしまうと、頭でっかちの人間になってしまう。そのような人間は人の心の痛みなどぜんぜん分からず、なにかといえば理屈をこねまわして、自分の意見は豊富な書物から得たものだから間違いないと、相手の意見はまったく耳を貸さない。そんな人の意見に従ったら、間違いを間違いと気づかない人間になってしまう。」

(コメント)同感です、同様な人間は、政治屋・似非文化人、似非知識人・学者・評論家などに多く、現場・現実を知らず、学ぼうともせずに知識の総論・机上の空論を並べ立てるだけで現実的対応はできない、無責任な評論家になっており、まったく役に立たないどころか害になっています。
 
こんな人間は職場にもいましたね。現場を知らない、学ぼうともせずに、上だけを見ているのが管理職だと最悪でしたね。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
« 徒然草から「良い友と悪い友... | トップ | 一日観音菩薩を彫って過ごす »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

読書」カテゴリの最新記事