黄昏人生徒然日暮らし

人生黄昏時になり今を大切に、趣味の仏像彫刻・歌声・写真・散策・読書・日記などを徒然なるままに掲載します。

ノルディックウォーキングとは

2017-05-18 | 健康
最近高齢者を中心に少しづつノルディックウォーキングの愛好者が増えてきています。
ノルディックウォーキングとの出会いは、まだ言葉も聞いたことがない11年前に長野県飯山市の斑尾高原でノルディツクの選手から半日講習を受け足腰や身体に良いものだとは実感できましたが、まだ認知されていない時だったので体験しただけで終わりました。

ノルディックウォーキングはクロスカントリースキーの選手が夏の間が体力維持強化トレーニングとして行っていたスキーウォークをポールを使った簡単な歩行運動としてフィンランドで紹介され、誰でもできる運動としてヨーロッパ中心に人気が高まり日本に上陸し、中高年中心に広まってきました。

季節を問わず誰でも始められ、専用の2本のポールを使用することで効果的な有酸素運動が得られ下半身だけではなく・腕・上半身の筋肉など全身を使うエクササイズであり、安全で効果的なトレーニングですので年配者にもおすすめで、長時間の歩行も楽々で正しい歩行姿勢になるそうです。

最近はノルディックウォーキングをしている高齢者を良く見かけるようになりました、私も3年ぐらい前から始めています。最近は軽い足裏の痺れ・軽い痛みなどで整形外科の薬を飲んでおりますが普通に歩くには問題なく、内科医からは歩けと言われているので足の具合と相談しながらノルディックウオーキングを再開したいと思っています。
ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« ミニミニ工房の掃除と一部模様替 | トップ | 北鎌倉駅周辺を散策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む