イルカを応援幸せの貯金日記!!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

宝くじ2!!

2016-10-13 19:29:30 | 日記

 昨日書いたブログの続きだがイオンタウンの前で工事の振りをしただけなのか本当に工事をしたのかは不明。
本当にしたのなら工事には許可が必要だ。
姫路の議員は以前にも書いた様に公明党が多い。
公明党と言えば朝鮮アパートの時に公明党の県会議員が来て握手を求められたので支持をする政権ではないが握手をしたと書いた。
この2つの共通点は朝鮮と公明党だ。
イルカの母親は以前から書いている様に創価学会員だった。
だが無くなって既に31年が経過している。
数年前にその母親のフルネームを10チャンネルの深夜の番組で吉本興業の友近に言われた事も書いた。
四国も朝鮮に関係する事が多い。
この事と日本人のイルカを朝鮮人や韓国人のレッテルを貼り迫害をした件とはやはり繋がっていると言う事か。
ここまでして朝鮮人を優遇しなければならない理由が日本には有ると言う事か。
その理由を政治家は知っている。
それはズバリ天皇家と藤原家の関係って事か。
中臣鎌足の子孫の藤原氏が天皇家と深く姻戚関係で結ばれているから優遇しなければならない。
つまり天皇家に深く朝鮮人の血が入っている事を政治家は暗に認めていると言う事だ。
その事とイルカ迫害の因果関係は何だ。
それもズバリイルカが蘇我氏の子孫だからって事か。
聖徳太子は実在しない。
蘇我入鹿と言う本当は聖人をを殺した事を隠蔽する為に聖徳太子と言う架空の人物を作り出しその息子の山背大兄王を殺した蘇我入鹿を極悪人だと仕立て上げた。
聖徳太子が架空の人物なら天皇家が祀り上げている聖徳太子33歳像は本当は蘇我入鹿で救世観音も聖徳太子などではなく蘇我入鹿だと言う事になる。
救世観音を作ったのは蘇我入鹿を殺した中大兄王なのだから。
中大兄王より100年も前の人物である聖徳太子像を作るより同じ時代で生き自分が殺した蘇我入鹿の像を作った方が納得が出来ると言うものだ。
蘇我入鹿の実像を隠蔽し中臣鎌足が百済の王子だと言う事も藤原不比等は隠蔽をした。
聖人、蘇我入鹿を謀反で外国人である百済の王子のヨホウショウである中臣鎌足が殺した事実を残す事は出来ないと言う理由だ。
これこそがイルカを理不尽に一方的に長年迫害をする理由でもあるって事だ。
イルカに悪事を働いても誰も認めようとせず、謝罪もしない。
迫害と理不尽ばかりの被害の20年だ。
関係者も次々と死んでいる。
さてイルカに対して非人道的な悪行を未だ続けようと言うのか。
まだ姫路民を金で実行犯として使い続けるつもりなのか(使役)。

これはもうヤクザから始まった事ではない、政治家が多く関与しているのだから。
その先頭を切ったのが中臣鎌足の子孫である藤原先生だという事実はイルカにとっても藤原先生にとっても因縁と呼ぶしか説明のしようがない。
お互いに先祖がらみによる因縁に動かされ現在で敵同士が争っているのだ。
しかも隠蔽工作にでっち上げと手口まで同じだ藤原不比等の手口と。
1400年の長きに渡る蘇我入鹿に対する悪評のでっち上げを子孫であるイルカに晴らして欲しくて蘇我入鹿が仕向けたのだろうか。

それはさて置き昔と違い現在の法律ではこんな犯行は認められない。
法治国家なのだから、先進国なのだから。

つづく。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宝くじ!! | トップ | 松浦!! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。