ようちゃん@ちばらき(えちご)
ちばらきは千葉県と茨城県の県境地域。利根川と地平線の向こうに見える筑波山が郷愁を誘う今日この頃。




新潟県は越後湯沢まで出かけて、温泉に入ってきました。
日頃の行いが良いのか快晴でした。

まず、関越自動車道の谷川パーキングエリア内にある湧水を
飲んでみました。冷たくておいしい天然水です。
PETボトルをたくさん持ってきて、水を汲んでいる人がおおぜいいます。
 
湯沢I.Cを降りると国道17号線両側にスキー場があります。
スキー場銀座?みたいですね。
まだ残雪が遠くの山に見えます。この地域の雪の深さが伝わってきます。

ちょっとお昼時を過ぎてしまいましたが、人気の高いそば屋さんに
立ち寄るにはちょうどいい時間かも。
石臼挽へぎそば 中野屋
(新潟県南魚沼郡塩沢町大字南田中534-89  025-778-3113)
■営業:午前11:00~午後8:00(ラストオーダー午後8:00)
 定休:毎週 水曜日



人気メニューの大へぎそば【四人前】2,730円をいただきました。
(一人で食べたわけじゃないよ)
 へぎそばの「へぎ」とは、そばを盛る器の事です。
杉材や欅材で作られた長方形の箱に、何人前ものそばが盛られて出てきます。
越後では昔、婚礼や葬式、法事といった席があると、必ず出されていたもので、
その風習が今でも、何人前ものそばが盛られる「へぎ」によって大切に
伝えられています。
 越後そばの特徴としてもう一つの代表的なものは、つなぎに海藻の
「布海苔(ふのり)」を使っていること。
布海苔を使うことで、あのツルツルとした喉ごしの良さと
独特のコシの強さが生れます。
この布海苔そばの発祥の地が、小千谷・十日町を中心とした魚沼地域です。
そもそもこの地域では、昔から有名な塩沢紬や小千谷縮の機織りの
工程で使われていた布海苔が、そばのつなぎにとてもよく合う事が発見され、
それ以来この地域のつなぎには布海苔が使われるようになったということです。
~中野屋ホームページ~

そばが冷たくて、ツルツルと喉ごしが良くて、ついつい食べ過ぎてしまいました。
お店の横には魚野川が流れており、景色もよいところです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )



« ビリーズブー... 大沢山温泉 ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
十日町市 新着情報局 (十日町市 新着情報局)
TBありがとうございました。私のサイトにも簡単ですがリンクを貼らせて頂きました。
 
 
 
十日町のページ (十日町のページ)
十日町市民のひとり言的情報発信です。トラックバックさせてもらってありがとうございます。簡易的ですが私のページにもリンクを貼らせてもらいました。
 
 
 
十日町ノブログ (十日町ノブログ)
郷土 十日町のご紹介です。 トラックバックさせてもらって感謝します。できたばかりのサイトですが簡易的なリンクを貼らせて頂きました。