山形厚史のブログ

セイカツは夢とシゴト

愛国 大麻 スピリチュアル

2017年04月23日 12時43分03秒 | 日記
にがい。

香りもいまひとつ良くない。

そーいうコーヒーを飲みながらのブログ。

鼻をつまんで飲んだら苦いだけの飲み物と言ってた人もいた。

苦味も楽しめれば、お通じも良くなるし。

コーヒーを飲むことは生活のリズムにもなっている。

だから今日も飲んでいるということか。


首相だってコーヒーは飲むだろか。

「あの水でなきゃいけないんだ!」と怒るほど水にはこだわりがあるらしい。

その水には首相夫人の昭恵さんもこだわりがあるそうだ。

美味しい水でいれたコーヒーというのを売りにしてる店もあるからな。

しかし苦い。

もうコーヒーの話はいいだろう。



町おこしで大麻栽培に関わっていた男が、大麻取締法違反で捕まったというニュース。

その男とツーショットの首相夫人の写真。

大麻草の横でにっこりと微笑んでいる。


(ここで一度お手洗いにいく)


これのどこが苦いかというと、ぼくも「大麻の糸産み講座」というのに参加したことがありましてね。

糸産みというのは繊維を紡ぐことだそうでね。

その時もらったパンフレットにも、首相夫人が言うような大麻の素晴らしさが書かれていたんですよ。

安全な大麻があるとかね。

ぼくが魅かれたのはストーリーでね。

大昔からあった日本の文化が、戦後にGHQの取り締まりを受けて衰退してしまったという。

それを取り戻そうとしている活動があると。

講座は女性3人と男性(ぼく)一人。

もともと糸産みは女性の仕事だったそうで、真面目にこれから仕事にしようとしている方たちの中に、

面白半分で首を突っ込むのも悪いのでそれきりになりましたが。

ようするに、そういう人たちを隠れ蓑にしながら陰で大麻をスパスパ吸っていた男がいるということだよね。

とんでもねえ奴だよな。

しかし、そこに思いがいたらなかったことが苦い。

さっき書いたような「日本を取り戻す」というストーリーにはまったままなんだよ。

糸産みの講師の方に、「この活動は天皇陛下もご存じなの?」って聞いたこともありましてね。

そしたらその方は「うーん、わからない」って。

それよりも、「大麻の繊維に触れているだけで清められる」という話をしてくれて。

これはスピリチュアル系だと思いはしたんだけど。


(ここでまたおトイレにいく)


スピリチャル系、、、、、、、、、、、、。

、、、、、、、、、、ま、コミュニケーションになるからいいかと思って。


講師の方とは一緒にアニメの仕事もしてましたし。





さて、日本を取り戻すというストーリー。

「美しい日本!」「とれもろす!」と安倍首相もいってたな。

それに連動するように愛国教育に突き進む籠池理事長。

それを賛美する首相夫人の昭恵さん。

皇統を男系に固執する方たちの考えも、消えようとする火を灯そうとすることに似ている。


みんなそういうストーリーにはまってるんじゃないか。


今の政権やそれを支持する人たちも、もしかしてスピリチャル系か?


なんとも苦い。


そんなことにはまってるから、天皇陛下の願いを蔑ろににしてしまうんじゃないの。

いろいろ理屈こねて自分の都合がいいようにさ。

森友側との国有地売却の記録だって、ないないと言ってたけどあるっていうじゃない。

特例法も安倍首相の都合がいいことしか書かれてないよ、きっと。


(ここで3度目のお手洗い)



大麻賛美も、大麻を吸いたい人が都合よく使ってるデマだっていうしな。



自分の心の「ゆるみ」「おごり」「たるみ」


そういうことだけじゃないなー。





今日も来ていただいて、ありがとうございます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ビックバンを恐れる | トップ | オカマの父さん »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。