山形厚史のブログ

セイカツは夢とシゴト

「ないない」はいつまで続く

2017年03月20日 10時42分43秒 | 日記
特に贅沢をしているわけでもないけれど、

今月ももうお小遣いがほとんどない。

日々のストレスで飲食にはしってしまったかもしれない。

読みたい本は買えない。見たい映画も見れない。

頻尿だから映画館にいく気もおきない。

実家にいても肩身が狭くて落ち着かない。

思い切って遠出もできない。

「ないない」づくしです。

でも、もともと行動範囲はそんなに広くないので、不満もないんです。




「ないない」というと、森友学園に国有地を激安で売った問題で、

学園の理事長との関係を問われた時の答弁だね。


「ないない」と言っていれば、事態も収束するだろうと思っていたのかもしれない。

しかし答弁が「ないない」ばかりじゃ単調すぎたな。

質問の内容に合わせて「調査してみます」とかも混ぜたらよかったんじゃないかと思うよ。

それを籠池さんがテレビで見ていたとしたら、顔見知りが「ないない」言ってるんだからね。

呆然とするでしょう。

「しっぽ切りするなと」言いたくもなる。

そのあと稲田さんの嘘がばれてしまった。

「ないない」言ってたのにあったじゃないかと、国民はそういう目で見るようになるんじゃないか。。

籠池さんを意図的に刺激したのかどーかはわからないけど、不満は言動にも表れている。

政府は抑え込もうとしたのだろうけど、籠池さんの不満ははみだしてゆく。

明恵さんの寄付のことが出てきたところで、やっと籠池さんを国会に呼ぶことになった。

こういうごたごたを見てると、単にしっぽ切りでは終わらない理由もありそうだ。

もしかすると、切ったところも「しっぽ」といよりは「男根」だったのでは?

と思うぐらい、痛みが広がっているようにも感じる。

なんとも苦しい。

男根というと、それをご神体として奉ってある神社もあるらしい。

はたして何を信仰していたのかというところまで出てくるとも思えないけれど、

森友学園に講演に呼ばれた方たちは、皇室典範改正による譲位に反対する男系信者なんだよな。


なぜ森友学園だけがが異例ともいわれるほど優遇されて、国有地を安く手に入れることができたのか。

そういうところからも透けて見えてくることがありそう。



安倍さんも、驕ったということかね。






今日も、来ていただいてありがとうございます。



来月、お小遣いが入ったら何を買うかは決まっている。




















ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 隠れ蓑 | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。