こんなものを... ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

日々出会ういろいろな「もの」について、書き残します。
(旧ワンコイン競馬予想)

レパードステークス予想 複勝圏軸馬

2011年08月20日 22時19分45秒 | 競馬予想
レパードステークス(GⅢ)
1800m ダート・左 サラ系3歳 オープン (国際)(指定) 馬齢

カテゴリー:限定戦



複勝圏軸馬候補

 5.タカオノボル
 7.ボレアス



レースデータ

今年で開催3年目なので、レースデータはない。
参考として、過去2年の複勝馬の共通事項をあげておく。

(過去2年の複勝馬6頭の共通事項)

・前走7月以降(6頭)
・前走ダ1800m以上(6頭)
・ダート連対率70%以上(6頭)
・JRA1000万下条件以上のダート1800mでの連対実績(6頭)
・ダート左回り連対実績(5頭)
・前走4角5番手以内(5頭)
・前走JDD、瀬波温泉特別組(4頭)



(レース全般)

過去2年間の傾向としては、まず全馬前走7月以降のダート1800m以上のレースに使われていた。
そして、連対率が70%以上とダート実績があった。
また、左回りの実績も重要で、ダートらしく先行できる馬が強いという傾向もありそうだ。


(軸馬候補)

・タカオノボル
ダ1800m(2,0,0,0)、新潟ダ(2,0,0,0)
前走 7月 麒麟山特別 新潟ダ1800m 1着
負けん気の強い馬で、しぶとさもある。
先行させるにはよい枠に入った。
馬体重は大幅な増減がなければ。
パドックも注意


・ボレアス
ダ1800m(1,3,0,0)、新潟ダ未経験
調教状態良し
前走 7月 JDD 大井ダ2000m 2着
2走前に予想コメントを書いているので、少し引用しておく。

「能力はあるが、デビュー以来休んでいないことと、同条件で負けているのは、気になるところ。馬体重はあまり増減がない方がいい。」
「増減がない方がいいと書いたがこちらも僅かに馬体減。私としては、少しでも増えていて欲しかったが。馬体はギリギリに見えたし、1、2着馬に比べ、直線ムチを入れざるを得なかった。結局こちらの方が更に疲れていた、と言っていいだろう。」

前走は馬体を戻してきた結果だろう。
ただ、使い詰めの状況には変わりはないので、状態の確認が必要
馬体重は減らさないことが前提
パドックも注意



レースデータによる複勝圏軸馬

 5.タカオノボル

レースデータがないのであくまで参考ではあるが、過去2年の傾向により合致した、タカオノボルを軸馬とした。
また、この条件は2勝しており適条件でもある。



相手馬(参考)

 3.サトノサミット
 6.コスタバルメーラ
 9.カラフルデイズ
12.レックスパレード
13.オメガスカイツリー
『競馬』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長岡ステークス 結果と検証 | トップ | レパードステークス 結果と検証 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
札幌記念・レパードS(11年)予想 (血統適性blog)
【札幌記念】・【レパードS】の予想です。