四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



吉田拓郎 『蒼い夏』

2017-08-09 19:14:35 | 音楽
ちょっと夏バテ気味である。
食欲も少し落ちてきている。
冷たい麦茶はがぶ飲み。
だからから疲れも取れないのか・・・。

こんな時は、拓郎さんの『蒼い夏』でも聴こうか。

♪浜日傘 ゆらゆら
 すらりとのびた 長い脚
 青い夏が 駆けてゆく
 ぼくは昼寝を 口実に
 泳げないのを 幸いに
 女の子ってやっぱり いいな

夏にこの歌を聴くとなんだか疲れるが取れるんです。

♪老夫婦 はらはら
 すごした日々が 朽ちてゆく
 蒼い夏に 淋しさあり
 ぼくは平凡な 愛妻家
 もうなにも 考えまい
 愛することの わずらわしささえ

平凡な夏の一日。
ごろ寝しながら拓郎さんの歌を聴くのは最高でもある。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 刈谷小唄 | トップ | 「イートハーヴの風」 朗読コ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。