四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



題名のわからない詩(うた)

2017-07-15 10:44:47 | 音楽
♪7月の栄の午後は 
 あなたの横顔のように眠いわ
 さわやかな風が通り過ぎていく

 忘れはしないわ 苦いコーヒー
 時計は少し遅れ気味だわ

こんなような詩だったかと思う。
うろ覚えだから間違っているかもしれない。
この後の詩が覚えていない。

高校生の頃、ラジオ番組から録音した1本のカセットテープ。
もうカセットテープはどこかにいってしまったけど、
頭の中にはかすかに詩が残っている。

たぶん、地元名古屋のバンドだと思う。
プロかアマチュアかも分からない。
女性の澄み切った声だけが印象に残っている。

7月になると思い出す、題名のわからない詩(うた)。
もしこれを読んでいる人で、記憶に残っている人がいればコメントください。
よろしくお願いします。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 河島英五 『てんびんばかり』 | トップ | 今年の夏は・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。