四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



グレープ 『無縁坂』

2017-05-14 09:39:28 | 音楽
先日、ラジオからグレープの『無縁坂』が流れてきた。
母の日に感謝を込めてのリクエストであった。
じっくり聴くといい歌である。

♪母がまだ若いころ 僕の手をひいて
 この坂を登るたび いつもため息をついた
 ため息つけば それで済む
 後ろだけは見ちゃだめと
 笑ってた白い手は とてもやわらだった

幼いころの母の思い出。
裕福でもなかったのに甘えていた部分もある。
鬱陶しいと思ったこともあったけど、
それもいい思い出となっている。

♪いつかしら僕よりも 母は小さくなった
 知らぬまに 白い手は とても小さくなった
 母はすべてを暦に刻んで
 流して来たんだろう
 悲しさや苦しさは きっとあったはずなのに

自分が親になって思う、子育てのこと。
そして親としての大変さ、苦労など・・・。

♪忍ぶ 不忍無縁坂 かみしめるような
 ささやかな僕の 母の人生

母は88歳。
いつも口癖で言う、あとどれくらい生きられるかと。
もう、10年以上も前からそんなことを言っている。

いろんな人生をおくってきたと思う。
辛いことも苦しいことも・・・。
でもそれを乗り越えて今がある。
もう少し長生きして人生を楽しんでもらいたいと願っている。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雨の降った後は・・・ | トップ | 昨夜のカレー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。