四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



1973年5月のヒット曲

2017-05-06 10:11:03 | 音楽
1973年5月のオリコントップ10

 1位 赤い風船/浅田美代子
 2位 危険なふたり/沢田研二
 3位 若葉のささやき/天地真理
 4位 赤とんぼの唄/あのねのね
 5位 妖精の詩/アグネス・チャン
 6位 女のねがい/宮史郎とぴんからトリオ
 7位 愛への出発(スタート)/郷ひろみ
 8位 恋の十字架/欧陽
 9位 オレンジの雨/野口五郎
10位 女のみち/宮史郎とぴんからトリオ

浅田美代子さん、可愛かったな。
ドラマ「時間ですよ」毎週観ていた。
歌は、素人っぽいところがよかった。
どこにもいそうな、となりのみよちゃん。

もちろん天地真理さんやアグネス・チャンさんも可愛かった。
出演するテレビ番組もよく見て歌もよく聴いていた。
あの時代のアイドルであった。

あのねのねの「赤とんぼの唄」
最初聴いたときはビックリした。
インパクトがあった。おもしろかった。
それよりもっとおもしろかったのは「魚屋のおっさんの唄」
笑い転げていた。
歌というよりもお笑いの世界であった。

久々にあのねのねのライブ盤CDを聴いた。
コミックソングもいいけど、
収録されている「パーティは終ったよ」なかなかいい歌である。

今の歌は分からないけど、あの時代の歌はいつまでも記憶に残っている。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 『人生フルーツ』 | トップ | 泉谷しげる 『春夏秋冬』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
パーティーは終わったよ (煎餅屋店主)
2017-05-07 18:10:07
ひとりひとり僕のまわりから
音もなく去って行き・・・・
僕は窓の外の暗闇を見ている・・・・(?)

記憶が定かではないんですが
確かこんな始まりだった様な・・・・
僕も深夜放送で知り翌日レコード屋に
駆け込んだ思い出があります。

金城大学の学園祭に「ホモサピエンス」と来てた時に生で見たと思うんです
(他の学園祭だったかな~)
漫談の様な掛け合いが会場の笑いを
誘ってましたね。
そしてラストに「パーティーは・・・」で終わるパターン。
余韻を残すラストは流石でした。

良い曲を想い出させて頂きました。
突然のお邪魔・・すいませんでした。
煎餅屋店主さんへ (四代目桶屋金之助)
2017-05-08 11:34:13
あのねのね=コミックソング
そんなイメージがありますがいい歌も歌っています。
「パーティー終わったよ」は、隠れた名曲ですね。好きな歌の1曲です。

深夜放送から気に入った歌を見つける。それを今でも聴く。
なんて素敵なことだろうかと思っています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。