四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



ボブ・ディラン 『風に吹かれて』

2016-10-14 11:50:34 | 音楽
今僕は、ディランの2ndアルバム「フリーホイーリン・ボブ・ディラン」を聴いている。
学生街の喫茶店の片隅ではなく、自宅で。
ギターとハーモニカ。独特のしゃがれた声でスピーカーから語りかけている。

久々にこのアルバムを聴いた。
ノーベル文学賞を受賞したから聴きたくなった。
30年ぐらい前に音楽評論家の富澤一誠さんが「昔、文学。今、フォークソング」という本を出された。
1冊の本から学ぶことも多いが、1曲のフォークソングから学ぶ事だって随分とある。

高校の英語の授業。
『風に吹かれて』を訳したことがある。

♪どれだけ道をあるけばいいのか?
  一人前の男と呼ばれるまでに

  その答えは、友よ、風に舞っている
  答えは風に舞っている

             ※湯浅学:訳 より

いろんな方が訳している。
英語の先生も高校の授業として訳していた。
僕たちは英語の文法などではなく、この詩の意味を学んだ。

ディラン、ノーベル文学賞受賞。
詩が好きな僕にとってうれしいニュースであった。
偶然にも中日新聞西三河版には「学生街の喫茶店」を歌った元・ガロの大野真澄さんが載っている。
中日新聞さん、何か予感でもあったのかな?
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アラ60世代 | トップ | 悲しい死 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

音楽」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。