四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



高田渡 『生活の柄』

2017-05-20 09:16:10 | 音楽
昨夜、古舘伊知郎さんがラジオで高田渡さんのことを語っていた。
ドキュメンタリー映画「まるでいつもの夜みたいに~高田渡 東京ラストライブ」
東京の映画館で上映されているらしい。
その映画の感想を熱く語っていた。

この人こそフォークソングを愛するフォーク歌手なのでは。
いい人にはいい人が寄り添ってくる。
高田渡さんの所にも多彩な人たちが集まってきている。
なくなってからもう12年の年月が過ぎたのか。

聴けば聴くほど味がある。
最初に聴いた曲は「自転車にのって」。
まだ中学生のころであった。

本格的に聴いたのは20代後半のころ。
アルバム「ごあいさつ」は何度も聴いていた。
これぞフォークの名盤!
「コーヒーブルース」を聴いて京都のイノダコーヒーにも行った。

そして『生活の柄』好きな歌の1曲でもある。
♪歩き疲れては 夜空と陸との
 隙間にもぐり込んで
 草に埋もれては寝たのです
 所かまわず寝たのです
 歩き 疲れては
 草に埋もれて寝たのです
 歩き疲れ 寝たのですが
 眠れないのです

 作詩:山之口獏 作曲:高田渡

大人になって年を取るにつれて高田渡さんの歌の魅力が伝わってくる。
「自衛隊に入ろう」、「失業手当」、「値上げ」・・・
社会を風刺する歌が今、どれだけあるのだろうか。

「鮪に鰯」という歌がある。
この中にこんな歌詞がある。
♪地球の上はみんな 鮪なのだ
 鮪は原爆を憎み
 水爆にはまた脅かされて
 腹立ちまぎれに現代を
 生きているのだ

 作詩:山之口獏 作曲:高田渡
もう何十年も前から原発問題について歌っていたんだな。

高田渡さんのドキュメンタリー映画、観てみたい。
名古屋で上映されるかな。
高田渡さん、記録に残る歌手ではなく「記憶に残るフォーク歌手」である。






『音楽』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 好きなNHKの番組は? | トップ | 昨日は暑かった! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
渡さんですよね! (煎餅屋店主)
2017-05-20 11:56:01
お金から1番遠くにいたフォークシンガー・・・
お酒に一番愛され過ぎたフォークシンガー・・・
もう12年にもなるんですね。
不思議に未だ「亡くなったんだ・・」と言う感覚が湧いて来ないんです。
「寅さん」と同じで、寒くなって来たら暖かい地方。
暑くなったら北の公民館(間違ってもキャパ数は300まで)で歌って居るような・・・・
「生活の柄」はいまでも若い人達に歌い継がれる
名曲ですね。(僕もギターを始めた頃、コピーして周りの迷惑顧みず練習してました)

「系図」・・・渡さんのアルバム(CD)では1番
       良く聴いた1枚です。
それぞれに、それぞれの想い入れのある曲があるんですよね。
それぞれの思い出を乗せて・・・・・。

んじゃ、またお邪魔します。









煎餅屋店主さんへ (四代目桶屋金之助)
2017-05-21 10:07:22
「系図」のアルバムを聴いたのは数年前。知人が持っているCDをコピーしてじっくりと聴きました。
永山則夫死刑囚が書いた「手紙を書こう」。ものすごく感動しました。
渋いアルバムですが一冊の詩集を読んでいるような気がします。
70年代から80年代のフォーク・ニューミュージック。自分なりの想いが多数、詰まっているかと思います。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。