四代目桶屋金之助の世界

おろかなるひとり言
胸を張れるような自慢話などはありません。
照れくさい話や恥ずかしい話ばかりです。



浜田省吾 『片想い』

2016-12-10 11:34:45 | 音楽
寒い夜になると聴きたい歌がある。
というよりも、思い出す歌がある。
浜田省吾さんの『片想い』

♪あの人のことなど もう忘れたいよ
 だって どんなに思いを寄せても
 遠く叶わぬ恋なら

聴いているとあの頃の情景が頭の中に浮かぶ。
好きな女性(ひと)にうまく告白ができなかった。
遠くからあの女性(ひと)を想っていた。
まるで歌の詩の世界のようだった、寒い日の夜。

♪片寄せ歩く恋人たち
 すれ違う帰り道
 寂しさ風のように
 いやされぬ心をもて遊ぶ

にぎやかな繁華街を僕は独りで歩いていた。
孤独な世界。独りぼっち。

あの女性(ひと)と腕を組んで歩くことを夢見ていた。
でも叶わなかった、僕の片想い。
『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市民アンケート | トップ | ブログから学ぶこと »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

音楽」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。