Synchronicity Life

A strange story

真夜中の

2017-05-06 01:29:31 | 日記
 深夜の静けさの中で、ZARDの曲をイヤフォンで聞きながら日課の写経をしていると、安らかな気持ちになります。もう文字の意味を追うことはせず、音だけを心で口ずさみながら書いています。一方では頭の中は彼女の澄んだ歌声が響いて、ちょっと大袈裟ですが、自分が霊になったような気分です。もういない人なのに、どうしてもそう思えない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南国そだち | トップ | 昔の夢 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。