Synchronicity Life

A strange story

生まれない

2016-10-11 01:47:46 | 小説
 この世で修業を積む。インドには、死後、来世の幸福・繁栄を信じ、それを今の苦しい生活の励みにしている子供がいるという。カルマは必ず結果をもたらし、いい報いも悪い報いも受ける。そしてそれが繰り返されるのが人生。
 しかしそれは究極の目的からすれば、ただ繰り返されるだけで進歩ではない。どれほど善行を積んで幸福になったとしても、この世に生まれ生きていくことは、必ず殺生を伴い、あるいは他の犠牲を強いることになる。真の目的は、この世に再生しないこと。解脱して輪廻の枠から抜け出ること。ただ、幸福を含めたあらゆる煩悩を超越するなんて、常人のできることではない。それでも一方でそれを目指して生きていこうとする人もいる。
 生まれることは祝福されるべきことなのだが、二度とこの世に生まれないことを願う人がいる。この世が虚なら、この虚に惑わされ踊らされるのはまっぴらなのかもしれない。この宇宙はいつか終わると考える人は、永遠なるものを希求するのだろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« You never know 11 | トップ | FBI »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。