遊行カメ日記

五十をとっくに過ぎた”おっさん”が、遊びなどについて書いた日記であります。

風景が先生

2017-06-18 19:29:00 | らくがき


前に描いて色をぬったものですが、昨日そこへ行って万年筆だけでやってみました。
ちょくちょく車が来るのが目障りと思うものの、道路脇に立っている私がそれを言うのも・・・。



ペン画をネットで観たのですが、どれも写真の延長線上にあるような印象を受けました。
それだったら撮影してパソコンで加工すれば良いような気がするのです。
じゃなくって、「感じ」を大切にしたいので、そんな絵が描きたいなと。

あれこれ考えていたのですが、風景から教えてもらうままにやればと考えました。
肩の力を抜いて紙面をペン先が軽く滑るように神経を集中。
あとは、素直に描きました。

0.3ミリから0.2のペン先にすると、かなり細かく描けます。
比べてみると、前のが大雑把に思えました。
ただ、時間はかかるので、休憩を入れないとイケませんでした。
こうしないと線が雑になってしまうのです。

描き終えると「次は、ああしたい」なんて考えます。
すると、また、わくわく感が。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 治っていないけどサ | トップ | 箱庭 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
白い画用紙 (佐世保の絵師)
2017-06-19 08:00:51
白い画用紙のままが一番美しいと、絵の師匠が言ってました。100%の可能性に満ちているからだとのこと。
少々、言い過ぎと思いますが、書きすぎないことを、指導されたと理解してます。
筆を止める勇気が、大事と思います。
生活も同じかなと思います。
ハハハ、欲をかかないことです。自戒です。

合掌
欲深き者 (カメ)
2017-06-19 19:13:32
佐世保の絵師 様へ
描くことは、紙を汚すこと。
以前、友人から聞いたことがあります。
なるほどと思いました。

私は欲深いので、ゴリゴリ描いてしまいます。
ただ、その内に無駄が削ぎ落とされるのではと
淡い期待をしております。
生活も、そうであれば良いのですが。(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む