3RD EYE STUDiOS
街角の映像制作下請け零細業者のブログ




この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック

5D Mark IIは基本絵しか撮れないカメラで音声は別録り、と割り切ってほとんどの皆さんやっていると思う、という話は前回書いた。それはそれでいいんだけど、そうすると編集にものすごい負荷がかかってしまい、即納の仕事などではまったくやってられない事態に陥ってしまう。さてどうするか、皆さん色んな試行錯誤をされているはず。ここで僕がたどってきた道のりをまとめてみようと思う。

1)音声用ビデオカメラ時代
まず最初。僕はたまたまZ5Jを持っていたのでこれを音声レコーダー代わりに使う、ということから始めた。実はこれ、結構現実的な解なのだ。なぜなら絵が同時に撮れるから。絵音を合わせる時に絶望しなくて済むというのは運用上本気で助かる。つまり5D Mark IIで収録した映像で使いたいカットが決まり、さあ音を持ってこようとしたとき、音声ファイルの波形だけだと、何が何やらどこに何が録音されているか、探るのが大変になってしまう。Z5Jで音収録すると自動的に絵が付いてくるので絵音を合わせるのが50億倍楽になる。(実際に編集するときは先に絵音を合わせてから編集するケド、、)


現役バリバリ、昨日も大活躍したウチのZ5J。テープは収録素材の受け渡しでは今も最も便利なフォーマット。

しかも当初、このZ5Jと5D Mark IIの絵を一所懸命なじませて、2カメ撮影をしていた。そうすることによって音はZ5Jに収録し、さらにZ5Jの絵も捨てずに生かすことができる。が、やっぱどうやってもこの2つのカメラの絵は同居しづらい。。そのうち7Dを手に入れたので2カメ目は7Dが担当することになると、音のためだけにZ5Jというのはさすがに辛くなってくる。Z5Jはじょじょにお役御免になっていった。

2)DSLR用ミニガンマイク時代。
この手のマイクはいま、死ぬほど種類があるが僕の場合はゼンハイザーのMKE300とMKE400。MKE300はもう売ってないと思う。10年以上前に民生用DVカメラを使っていた時代に買ったシロモノ。DVカメラを使わなくなってMKE300もすっかりどこいったか分からなくなっていたのだが、5Dを使い始めてからどっかからほじくりかえしてきた。キセキの大復活である。


民生DVカメラ時代に現役だったMKE300が復活!MKE400と大きな違いはミニピンがモノラル!これわりと困るんだな。

さらに5D Mark IIでの撮影が流行り始めたころ出たMKE400は、メーカーの思い通りというか、出た瞬間に買った。

SENNHEISER ビデオカメラマウントマイクロフォン MKE 400

マイクの性能自体には何の不満もない素晴らしい製品。マイクそのものが短くDSLR用に設計されていることがよく分かる。つまりワイドレンズをつけていても絶対に見切れない。5Dの有ってないようなカメラマイクとは段違いの音が収録できる。。


が、、、、

結局5Dにはヘッドフォンジャックがない。なのでどんな超高性能マイクをつけようが、究極録音できてるかどうかは撮ってから再生するまで分からないのだ。つまり音に関して最凶にリスクが高い収録になってしまう。。ああもう、音声をモニターせずに録音するって、ただの頭悪い人じゃん!!!

収録中、知らない間にマイクの電池が切れたてたらどーする?ミニピンに触ってノイズがのっちゃったらどーする?マイクの電源を入れ忘れてたら??????突然デカい音が鳴って割れてたら???常にドキドキしながらの撮影、、、、

というわけでこのソリューションは2秒で終わった。こんな危険なことしてられん。ヘッドフォン端子つけてくれ、、、

もちろん今でもサブの音としていちおうこれらのマイクは使ってます。が、基本編集時に捨てる要らない音、、、RODEのVideoMic HDを買っても同じ結果になるだろうな、、、


とある現場にて。MKE400つけてるけどバッテリ落ちると逆に無音になるのでカメラマイク収録のほうがいいという説もある。

3)ZOOM H4n時代
そして誰もがたどりつく音声だけ別録りである。が、このやり方は編集の負荷が100億倍増す。ほんとうに勘弁してくれってくらいめんどくさくなる。

ZOOM ハンディレコーダー H4N


みんな使ってるデファクトスタンダードになったICレコーダー。この価格でファンタム電源供給、そしてXLR端子があるスグレモノ。画期的な商品だった。H5、早く出ないかね。もちろんLine Out端子は復活してね!


いや、インタビューならいいんですよ、ほんと。撮った映像クリップにほぼ同尺の音声ファイルができるので、編集ソフト上で同期させればいいだけ。ま、めんどいっちゃめんどいけど、カチンコ入れたりなんだり、何らかの方法で同期を楽にさせる方法はある。NLEによっては自動でやってくれるものもあるらしい。ウチはVegasなので波形が超見やすいという、元DAWソフトならではの特長があるので、はっきり言って他のどのNLEよりも同期は取りやすい。


Vegasのタイムライン。一番下が別録りの音。波形の取り扱いが音ソフト並みなので、音声の同期を取るのは容易。

でもいつもそうやって絵音の管理ができる収録とは限らない。いつ録音してるのかいつ映像撮ってるのか、もうむちゃくちゃになってしまうドキュメンタリー的ロケの場合、とにかくチャンスがあれば撮っておけ!みたいになりがち。終わってからさあファイルを整理するぞ、、というとき、絵音を同期させるのは本当に至難の業だ。「もう音がどこにあるのか探してられん!」と、5Dのカメラマイクの音でごまかしたこと何回かある、正直言って。それくらい音のファイルを抜き出してくるのに絶望すること、皆さんありません??

いやもちろん収録した音素材を全部聞いているヒマがありゃいいけど、そんな余裕がある仕事ないっす。常に時間との勝負。

というわけで音声別録りは何回かのロケで、「やーめた!」

4)音声はZOOM H4nに、そして同じ音を5Dに
結局これ。ここに行きつく。基本5Dに撮った映像にちゃんとした音が入っている状態。これです。これしかない。

PROTECH/プロテック 4chミキサー[FS-40X]

このソリューションには必須のフィールドミキサー。ウチはPROTECHの40X。映像業界で最も多いのはもちろんSigma。そこにFOSTEXの4chミキサーが食い込んでいる、、という争い。


またまた長くなったので以下は次号ということで。この4)の利点とダメなところを書きます。

コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック



« 3RD EYE Audio In... 音声ファイルの同... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (sato)
2012-02-23 16:13:53
http://www.singularsoftware.com/pluraleyes.html
はvegas版もありますよ。
 
 
 
おーこれこれ! (3RD EYE(管理人))
2012-02-23 16:46:14
satoさん

これですね同期を自動化するやつ。
試されたことあります?

インタビュー程度ならできるだろうけど、カメラと音声で全く撮れてる音が違うときとかできるのかなあ。

たぶんほとんど役に立たないだろうと思ってシカトしてました。
 
 
 
Unknown (sato)
2012-02-24 11:31:37
まだミスったとこは見た事無いんですけど、運がいいだけかも。
素材は全部カチンコ入りでセリフ有りのものなんで、相性がいいのかな。

問題は結構時間がかかることですかね。MacProで15分くらいかかります。
 
 
 
Unknown (sato)
2012-02-24 11:32:27
あ、15分ていうのは、素材が60分くらいでってことです。
 
 
 
ありがとうございます! (3RD EYE(管理人))
2012-02-24 11:41:21
satoさん

おお、意外にいいじゃないですか!
買ってみようかな。

まさに今インタビュー3カメ、音声4chの同期をやってて、カチンコも入れて楽ちんだったにも関わらず結構時間かかったので、それが自動化できるだけでもいいですね。

ま、ダメ元でもあるとないとでは違うかも!!
 
 
 
さっそく! (3RD EYE(管理人))
2012-02-24 11:45:11
試用版をDLしました!
試してみてご報告します!
ありがとうございました。
 
 
 
Unknown (LINDAMAN)
2012-02-24 13:21:12
初めまして。楽しくblog拝見してます。
pluraleyesは私もEdius/Premiereで使用してます。ガヤや雑音など音声の判別が難しい時はほぼダメですね。それ以外では問題ないです。たまに誤動作しますが、許容範囲内です。私は今コレがないと非常に困る位置まで占めてます。
お体にお気をつけて頑張ってください。

blog本当に勉強になります。
 
 
 
Plural Eyes (3RD EYE(管理人))
2012-02-25 08:34:51
LINDAMANさん

おー!こちらにもユーザーが!
そんなに強力ですか!
まだ使ってませんが使ってみてそのうちBlogにレポします。たぶん買う!
 
 
 
Unknown (DSLR二等兵)
2012-02-28 18:03:35
はじめまして 突然の投稿を失礼します
私は
GH2+EdiusNeo3で
毎月15分番組(CATV)を制作している
低予算モードの二等兵です(^。^)

前回からの貴スレ、まさにツボ突かれまくりで
おもわず質問させてください。

番組は地域ドキュメンタリー風の撮影現場なのですが
GH2のミニピンオンリーに頼りきりです。
マイクは
RODE・NTG2、接続はベトナム製のキャノン⇒ピン変換コードを使用しています。が、
音声確保に不安もあるので、さらにバックアップで別機(GH2)をショルダーバッグに用意、民生用SONYワイヤレスマイクを仕込みます。主人公級の取材相手など、絶対はずせない音は二重録りしています。まさに竹刀&竹やり体制です、汗

そこで、
前スレに載っていた「2系統分割アダプター」!
あれがと〜っても気になっています。

自家製のようですが、やはり市販品は無いのでしょうか?町の電機屋さんあたりに制作依頼できたらとも思いますが、ムリな注文?

低次元な書き込みをお許しください。

 
 
 
うれしいです! (3RD EYE(管理人))
2012-02-28 18:35:03
DSLR二等兵さん

何をおっしゃいますやら!
まさにそこに食いついてほしい!!という思いで始めたシリーズですので!!

例の2系統分割アダプターは自作です。で、今後のブログ投稿でいろいろ明かして?書いていこうという予定ですのでしばしお待ちを!!!

まだ現状のものは若干の不満があり、少し改善したものをもう一つ作ろうと考えています。

構造は超単純なので街の電気屋さんでも作ってもらえると思いますよ。問題は値段ですが。。。
 
 
 
 (DSLR二等兵)
2012-02-29 09:44:28
レスありがとうございます!
や〜投稿してよかったです
(^。^)
続報を心よりお待ちしています!!

蛇足ですが…
むかし、
ENG時代に首と肩を痛めたため、
DSLRのハンディ&高画質は天の恵みです
オートズームできなくとも
交換レンズの表現力がずっとイケてるし!
15分番組とはいえ、
毎回の撮りは8時間を超えます
μ43とはいえ
GH2は長時間シュートできて大助かりです

 
 
 
軽いって正義! (3RD EYE(管理人))
2012-02-29 12:42:54
DSLR二等兵さん

カメラマンさんで身体の不調に悩まれている方おおいですよね。僕なんか1時間も持ってられません。。

GH2はさらに小さいしいいっすよね。

にしても15分に8時間か。。。音声同期を考えるとゲロが出そう。

それはそうと新しい記事UPしました!
 
 
 
Unknown (まるめ)
2012-03-01 20:28:32
http://yogoemon.com/att/att.html

これでキャノン入力、ファンタム印加出来れば素晴らしいのですが_φ( ̄ー ̄ )
 
 
 
みなさん (3RD EYE(管理人))
2012-03-01 23:05:05
まるめさん

同じ悩みで苦労されてるんですね。。。
なんか逆にうれしくなってくる、、、!!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。