3RD EYE STUDiOS
街角の映像制作下請け零細業者のブログ





昨日見つけた素晴らしいステディカムショットのメイキング映像にあまりに感動したのでブログにも書いておく。このステディカムショットのオペレーターはLarry McConkeyで、 御歳61歳。しかもこの映画、3Dで撮られているのでカメラ2台担いでいる!信じがたい。撮り終えた後の声にすさまじい気迫を感じる。まずはとにかく見てください。 

Incredible Steadicam shot Behind the Scenes of Hugo

監督の声、動く壁、カメラの動きと役者の動きに合わせて的確に追いかけるガンマイク。そして超安定しているステディショット!(※追記 途中で役者に「Now!」って指示してるの、監督と思ったけどGoProに一番近いところにいるはずのLarryさんの声ですね、きっと。)

たぶんこの映像そのものはGoProで撮られていて、GoProは軽いとはいえその分のバランス調整もしっかりされているはず。この遊び心は素晴らしい。

映画のメイキングについて昔、書いたことあるけど、メイキング班ってたいてい惨めなもんですよ。でも、こうやって感動できるメイキング映像も撮れるんだなと心から感心した。

映画メイキング制作裏話(前編)
映画メイキング制作裏話(後編)

 

そして、このメイキングの驚愕のメイキング画像はこちら。

メイキングの映像にも驚いたけど、これにはビビった!そして61歳の笑顔!!

使用しているカメラはArri Alexa。そして3D撮影なので2台。正しい情報かどうか知しらないがこんなことが書いてあった

  • Larry McConkey 61歳。体重はたぶん63kgほど。
  • Arri Alexaは1台15kg前後。3Dなので2台。
  • カメラをマウントする機材とバッテリで10kgくらい。
  • カメラを支えるスプリングアームは12kg前後
  • スプリングアームを取り付けるベストは5kgほど

ほぼほぼご本人と同じくらいの体重の機材を担いでいるわけで、別の方の書き込みによると、3D用のリグもあるのでカメラ2台といっても単純に2倍ではなくもっと重いだろうと。レンズもマットボックスもあるし。

Larry McConkey氏は同じくマーチン・スコセッシ監督のグッドフェローズのステディショットが有名で、こちらの記事では「もっとも有名なステディショットの1つ」と書かれている(リンク先に映像があります)。3分にもわたる見事なショットだ。それに関してLarry McConkey氏のインタビューの転載もされていたので簡単に抄訳。

「撮っていて、何度かショットが死ぬ瞬間があった。なのでレイと絡む人物を入れるようにした。(略) 私は自分のことを、バスや車、ボートを運転して観客をやさしく導くツアーガイドのように考えていた。ゆっくり誘導しながら突然、カーブを曲がったりして観客を驚かせるんだ」

彼はステディショットを別次元に持ち込んだと評されている。

 


 

ヒューゴはこちらのPixomondo社によるCGブレイクダウン映像もすさまじいのでぜひご覧を。この数々のショットにもLarryさんは活躍されているんだろうな。

Hugo Cabret: 3D-Animation Making-of von Pixomondo

 



コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )



« アメリカから... 世界最強のリ... »
 
コメント
 
 
 
やられた~(笑) (raitank)
2012-06-01 11:02:55
ボクもこれ採りあげようと思ってネタをキープしてたんですが、某PRONEWSさんの連載を優先しているうちに、3rd Eyeさんに先を越されてしまいました(笑)。でも、ボクの持ってた以上のネタが加味されていて、結局、勉強させてもらいました。ありがとうございます!

ボクのほうはこのステディの話と、そして全く別の映画制作に関する裏話を対にして構成しようと思ってたんですけど、今からこのネタ使って二番煎じの記事作っても良いでしょうか? (^_^;)
 
 
 
感動した! (仁太郎)
2012-06-01 11:03:14
技も素晴らしいけど、引きしろを取るためにセットの壁がガコッと後退するとか、こういうのが映画ですねえ。
 
 
 
なにをおっしゃいますやら! (3RD EYE(管理人))
2012-06-01 11:54:38
raitankさん

僕の許可なんていらないすよ~ raitankさんの記事、見てみたい!

つーか、写真を転載しておいてなんなんですがカメラ1台しかどうしても見えなくて、これホントに3Dリグ組んでる現場の写真かなーとちょっと疑心暗鬼(笑


仁太郎さん

いやー、こんな規模の映画なんてあれですけど、現場っておもろいっすよね~ 次の現場もがんばろーっと!
 
 
 
Unknown (まるめ)
2012-06-01 17:14:49
あやかりたいあやかりたい!
 
 
 
カメラの上じゃなく (3RD EYE(管理人))
2012-06-01 17:48:26
まるめさん

カメラの上じゃなくてヘッドマウントでGoProつけるってのはどうですか?オペレーター目線のステディショットメイキング!
 
 
 
うちの方でも公開しました~! (raitank)
2012-06-01 19:21:36
>>つーか、写真を転載しておいてなんなんですが
>>カメラ1台しかどうしても見えなくて

え? ちゃんとしっかり2台、写ってるじゃないですか? ( ゜д゜)
さては、垂直方向に取り付けられている2台目が見えてないな?(笑)
ヒント:Alexaの「赤いパイロットランプ」が二つ写ってます、よね?

…てなわけで、うちの方でも今しがた公開いたしやした。宜しかったら見てやってください。(^_^)v
 
 
 
うわ!ほんとだ! (3RD EYE(管理人))
2012-06-01 19:39:44
まったく見えてなかった!!orz
 
 
 
実は一昨年に実験済なのであります(^_^) (まるめ)
2012-06-04 21:04:14
スレッドにマジックアームで取り付けて何度か様々なアングルで撮影しております。
内容状、youtubeなどでは公開出来ないので
リグオフの時にでもノートPC持って行こ、と思っておったのですが、、、残念!
次回にはお持ち致しますね( ´ ▽ ` )ノ

スレッドにマウントすると自分がとても上手に見えました(>_<)
方や、オペレーターにマウントしてしまうと、実はとてもヘタクソに見えるのですよォ~(;´Д`A


 
 
 
さかさまステディ (3RD EYE(管理人))
2012-06-05 00:28:38
まるめさん

そーいや前に聞いてた子ども目線のステディ、SkierのActingCamをさかさまにしてなんとかできるようになりましたー が、まだボロボロへたくそですが、、、

またの機会にぜひいろいろご教授ください!
 
 
 
承知致しました~( ´ ▽ ` )ノ (まるめ)
2012-06-07 20:14:01
明日は残念ながら参じられませんが、またの機会に是非(^_^)
 
 
 
残念ですー (3RD EYE(管理人))
2012-06-07 22:26:30
ちかぢかまたやりましょー
 
 
 
映画メイキング班はみじめ? (ごっさん)
2012-08-17 01:16:16
私は、角川映画「REX」の公式メイキングカメラマンをしました。決してみじめなポジションでは無かったですよ(笑)
 
 
 
おおそれはすばらしい! (3RD EYE(管理人))
2012-08-17 01:24:16
ごっさんさん

きっといろんな現場があるんだと思います。
僕はダメでした。。。

でも最近はDVDやブルーレイには必ずメイキングがつくし、扱いも変わってきてるよなと思います。。。

REXという映画は僕は知りませんが、いい現場だったんでしょうね。。うらやましい。。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。