3photos

3枚の写真で発見したこと

花レンズそれぞれ

2017-02-09 | 花・植物
新しいレンズが増えたのでフラワーセンターのスイートピー展に行って撮り比べをして来ました。
今持っているレンズで花撮りに向いているのはこの3本だと思います。


FA50mmF1.4

絞りを開けると綺麗にボケてくれるのでかなり暗いところでも安心して使えます。
同じアングルを他のレンズで撮るには感度をかなり上げる必要があり綺麗に撮れませんでした。
小型軽量でスナップ風景なんでも撮れるので現在のところ私の標準レンズです。







TAMRON90mmF2.8MACRO 272E

質感まではっきり出したい時は寄れるこのレンズです。FA50mmだとここまで寄れません。
今回は屋内手持ちで質感まで出せませんでしたが自然なボケ味が好きなレンズです。
屋外で離れて撮っても綺麗にボケます。かさ張らないのでバッグに入れて行くことが多いレンズです。







TAMRON70-200mmF2.8MACRO A001P

今回の新しいレンズ。離れたところから楽な姿勢でアングルを探せるので意外と重量を感じさせません。
やはり200mmで撮れる絵は他のレンズと明らかに違います。
70mmからのズームなので自然散策の時、この1本で何でも撮れそうです。

今回同じ場所で3本のレンズを撮り比べてみて、改めてそれぞれの特徴と良さを知りました。
3本の花レンズ。これからも活躍してくれそうです。



※”新しいレンズ”というのは私にとって…ということです。
3本とも発売してから何年も経つのに人気があるロングセラーレンズです。
FA50mmF1.4
TAMRON90mmF2.8MACRO 272E
TAMRON70-200mmF2.8MACRO A001P
k-3
本日も訪問いただきありがとうございます
















『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンズを購入しました | トップ | 黄金色のマンサク »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

花・植物」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。