3photos

3枚の写真で発見したこと

ヤブキリの子物語

2017-04-19 | 昆虫


公園の野原には様々なドラマがあります。










たんぽぽに小さなバッタが止まっています。
この野原では数輪に1匹の割でいました。

じっとしているように見えますが、よく見るとたんぽぽの花や花粉を食べています。
これはヤブキリというキリギリスの仲間の幼虫です。

幼虫時代は草食ですが脱皮をしながら次第に肉食化して行き
成虫になると他のバッタや時にはセミなども捕まえて食べてしまいます。



でも子供の時はとても可愛らしい仕草を見せてくれます。
次回はマクロレンズで撮ったこのバッタの子供の魅力をご紹介させていただきます。

虫嫌いな方、ご辛抱ください。



本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ミツバツツジの時期 | トップ | ヤブキリの子物語 その2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

昆虫」カテゴリの最新記事