3photos

3枚の写真で発見したこと

アイスチューリップ

2018-01-22 | 花・植物


一度芽が出た球根を冷蔵庫で長期保存してから植えなおすと開花時期を早めることができます。






今咲いているチューリップはそんな方法で特別に育てられた
アイスチューリップと言うそうです。





春に咲くものに比べて開花期間が長く1ヶ月以上咲き続けることもあるようです。
まだしばらく楽しめそうですね。

今日は自宅周辺でも思っていた以上の大雪になりました。
雪が降った晴天の翌日は野鳥がたくさん見られるようなので
出来たら歩いて近くの公園に行ってみたいと思います。

本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
jpegをLightroomで補正
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

循環のひとコマ

2017-12-18 | 花・植物


風のあるこの日、多くの葉っぱが栄養をもらっていた枝から放れて行きました。













地上に降りた枯葉はやがて土の栄養となり、新たな命の糧になります。
循環する生命のひとコマですね。

この時期被写体を探すのに苦労すると思いますが風のある日に”枯葉の舞”を狙うのも面白いと思います。

本日も訪問いただきありがとうございます
FA50mm F1.4
k-3
jpegをLightroomで補正
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

樹々のお粧し

2017-11-14 | 花・植物
紅葉を見ようと植物園に行ってみました。



ニッサボク
あまり聞いたことがありませんが一本の樹にいろんな色の葉っぱがありました。





ニシキギ
これはよく見ます。これからもっと真っ赤に紅葉します。





これはブルーベリーの葉です。

目に止まったものだけ撮りましたが、調べてみると3つのうち2つ
ニッサボクとニシキギが世界三大紅葉樹でした。

紅葉や黄葉はモミジやイチョウだけではないんですね。
今それぞれが個性的なお粧しをしています。

本日も訪問いただきありがとうございます
90mmF2.8MACRO 272E
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平和の園

2017-11-03 | 花・植物


平和を象徴するような母子像と秋の空を背景にバラの花を撮ってみました。
今回は一枚の写真です。

ブログを立ち上げる時、枚数を統一しようと思いましたが楽しく長く続けるには何枚が良いのか
起承転結、四コマ漫画というのがありますが毎回4枚で続けて行くのは難しいと思いました。
2枚ではストーリーを語るのが難しい
しばらく考えた末行き着いたのが3枚でした。

もちろん1枚ですべてを語れるのがベストだと思いますが毎回ベストな写真は撮れるものではありません。

組写真という堅苦しいものでなく、気軽に数枚の写真で構成するブログ
私の場合は3枚に限定したお陰で短期間で撮影技術を向上させることが出来たと思っています。

でも仕事をしながらこれを続けて行くのはやはり困難。
これからはその時の状況に応じて1枚の時も多くなると思いますがご容赦ください。

また当ブログをもし気に入っていただけたら読者登録をして下さい。励みになります。
たまたまお立ち寄り頂いた方でもお気付きになったことをコメントしていただけると嬉しいです。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

本日も訪問いただきありがとうございます
FA50mm F1.4
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花の国のコスモス

2017-10-06 | 花・植物
















「くりはま花の国」に行って来ました。
入り口に”コスモス4分咲き”と案内が出ていましたが十分に見応えがありました。
ここは9月上旬から10月中旬にかけて4種類のコスモス開花リレーがあるのでいつ行っても楽しめます。

28,29日にコスモスの無料花摘み大会がありそのあとはポピーを植えるそうです。
これからは各地で秋バラも見ることが出来るのでそれもまた楽しみですね。

本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ホトトギスの花あれこれ

2017-10-03 | 花・植物


散歩中ホトトギスの花をよく見るようになりました。
野草園に咲いていたこの花、ホトトギスだとずっと思っていましたが
これは台湾で自生しているタイワンホトトギスだそうです。






こちらはタイワンホトトギスの交配種
私はこれがタイワンホトトギスだと思っていました。







そして日本固有種のホトトギス
タイワンホトトギスが伸びた茎の先にたくさんの花を咲かせるのに対して
ホトトギスは葉っぱの元から花を咲かせています。







今日はおまけにもう一枚
花びらが下まで反り返っているのはヤマホトトギスです。
ホトトギスの花って近くで見ると本当に不思議な形をしていますね。


よく聞くけど見たことがない…見過ごしてるかも
よく見るけど名前を知らない…調べるのがたいへん
そんな草花を発見するのがここ野草園の楽しみです。

本日も訪問いただきありがとうございます
90mmF2.8MACRO 272E
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

実り支度は着々と

2017-08-27 | 花・植物
よく行く大船のフラワーセンターが大規模な改修工事に入って来春まで見ることができません。
代わりにこども植物園に行ってみるのですが暑いこの時期は人がとても少ないですね。



でも植物たちは人が来ようと来まいと着々と準備を進めているようです。
栗のイガは見るたびに成長しています。







蒼い柿の実はもう十分に大きくなっていました。
これから気温が下がると反比例するように実は暖色に
葉はより艶やかになって行くでしょう。






これは2週間ほど前に撮ったものですが今回行ってみたらもう収穫されていました。
今は別の品種の葡萄がたわわに実っていました。


部屋にコオロギが迷い込み涼やかな秋の声を楽しませてくれますが
毎日朝まで寝室で鳴き続けるので少々困っていましたがどうやら
台所に移ってくれたようで今日はぐっすり眠れそうです。

夏の疲れが出て来る頃ですね。体調管理の基本は食事、睡眠、適度な運動だそうです。
あともう少し頑張りましょう。

本日も訪問いただきありがとうございます
90mmF2.8MACRO 272E
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

サルスベリの由来

2017-08-11 | 花・植物


赤や白、ピンクの花が今あちこちで見られるサルスベリ。
別名「百日紅(ヒャクジツコウ)」というのをご存知ですか。

名前の由来は初夏から秋まで花期が長いからだと思っていましたが
これとは別に悲しい恋物語の由来もあるようです。




原産地中国の伝説です。

ある王子が恋人と100日後の再会を約束しますが約束日を目前にして娘が他界してしまいます。
その埋葬したところから生えて来た紅い花を咲かせるこの木を「百日紅」と名付けたそうです。





幹が成長すると古い樹皮が剥がれ落ちすべすべした木肌になります。
この木が「猿滑(サルスベリ)」と一度知るともう忘れません。
それだけインパクトのあるネーミングですが実際はサルはこの木を簡単に登ってしまうそうです。
見掛けと実際は違うことがよくありますが命名した先人のセンスに驚かされます。

本日も訪問いただきありがとうございます
90mmF2.8MACRO 272E
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初夏の江ノ島

2017-06-20 | 花・植物


江ノ島もアジサイの名所として紹介されているのを最近知ったので行ってみました。

鎌倉の名所と比べると数はずっと少ないですが上へ続く道際などに咲いています。
観光のために植えられたアジサイが元々の島の環境を変えてしまうと反対意見もあるそうですが
島に住む人たちにとっては難しい選択ですね。






頂上の広場ではアガパンサスが咲き始めていました。

初夏の空で花火がはじけたようです。
広場では巧みな話術の大道芸人に人垣が出来ていました。







島の向こう側に出ると彩雲が現れました。
ほとんどの人は気付かないのか気付いても全く無関心のようでした。


本日も訪問いただきありがとうございます
FA50mm F1.4
sms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三渓園の見頃

2017-06-14 | 花・植物
国の名勝にも指定されている三溪園
明治時代から大正時代にかけて造られた広大な日本庭園には
京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物と自然が調和した景観が見所と言われています。



園内には軽食をとれるところが4箇所もあるのでゆっくりと散策できます。










アジサイはまだ蕾も多くこれからが本番です。
数は多くありませんが半日陰のちょうど良いところに咲いていました。









梅、桜、紅葉の時期に比べてこの時期はそれほど混んでいないようです。
ハナショウブとアジサイを同時に見ることができるこの時期
「花しょうぶ展」は終わってしまいましたが行ってみる価値があると思います。



本日も訪問いただきありがとうございます
sms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR
70-200mmF2.8MACRO A001
K-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三渓園のハナショウブ その2

2017-06-13 | 花・植物


2周目は少し粘って横からのアングルも探してみました。










足場が限られているところではズームレンズは本当に便利です。










アヤメの仲間は中々うまく撮れなかったのですが、コツが少し分かった気がしました。



本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三渓園のハナショウブ

2017-06-12 | 花・植物
三渓園に行ってみると花菖蒲がちょうど良い見頃でした。
今回も1周目と2周目でレンズを使い分けてみました。



1周目は広角ズーム。空は薄曇りでした。










2周目になると日差しが出てきました。
ここで望遠ズームに変えました。









一本一本形が違っているので整った形を探すのも楽しいですね。


本日も訪問いただきありがとうございます
sms DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF]DC WR
70-200mmF2.8MACRO A001
K-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2017-06-09 | 花・植物




















関東地方も梅雨入りし紫陽花が咲き始めました。
紫陽花は咲き始めから咲き終わりにかけて色が変化するものが多いですね。
この国にもし紫陽花がなかったらどうなっていたでしょう。
鬱陶しいこの時期でも紫陽花のような花があるから季節を楽しむことができるんですね。



本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春のバラ

2017-05-11 | 花・植物


バラの花は暖かいところではほぼ一年中見られますが
一斉に咲く見頃は春と秋の2回あります。









春のバラはこの時期いちばんの華やかさがありますね。










今回はこども植物園のバラ。
これから順次県内のバラ園を巡っていこうと思います。




本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

なんじゃもんじゃ

2017-05-10 | 花・植物


この季節に大雪?

こども植物園の入り口に「ナンジャモンジャの木が咲いています」という案内書きがあったので
行ってみたらこの風景です。







これはヒトツバタゴ(一ツ葉田子)という木。
日本では木曽川流域と対馬などごく限られたところしか自生していないため
他の場所に植えられた時に「何の木じゃ?」と言われているうちにこれが転じて
「ナンジャモンジャの木」という別名が付いたそうです。







アップで見るととても繊細な花ですが、大木が満開になると壮観な風景になりますね。



本日も訪問いただきありがとうございます
70-200mmF2.8MACRO A001
k-3
コメント
この記事をはてなブックマークに追加