落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

石の宝殿と楯築遺跡・その7 吉備路・楯築遺跡

2017-06-17 23:27:18 | 旅行記・山陽 山陰
6月4日 日曜日

そろそろ昼近い。地図によると「惣爪党跡」を通り越したら、吉備路史跡巡りコースから外れて、矢部橋を渡って楯築遺跡に向かおうと思ってたんだが・・・。


↑足守川

あれっ? 惣爪党跡が見つからず、新黒住橋を渡ってちゃったよ。もう、Googleマップだけが頼りだ。
あっ、多分あの山が楯築遺跡の古墳だ。


古墳の麓は、昔からの農家でそこら辺までは自転車で行けたんだが、そっから上の新興住宅街の坂道は、おばさんの私は自転車に乗って漕ぐことはできず、自転車を押して歩く。しかも、なんの看板もないぞい。適当に上に続く道を選ぶ。と、「王墓の丘史跡公園利用者以外は駐車ご遠慮ください」という注意書きがある駐車場が見えてきた。

やったあ!着いたあ!ネットで下調べした、入り口があった!

ちなみに、左端の自転車が私のこの日のお供。

④楯築遺跡



看板の古さからも分かるように、住宅街を作ったりして、古墳を壊して、ヤバいと思ったのか慌てて公園にしたものの、後はほったらかしという・・・。

 
無駄に立派な道を歩くと、悪名高い給水塔が見え、その右にご神体となったしまった亀石を保存している倉庫。

ここの向こうが、日本のストーンサークルと言われている楯築遺跡だ。





真ん中の一番大きい石の裏側↓


この石の向こう側には、最上稲荷の、27.5mある大鳥居が見える。


一番大きい石の右側の高い石は、祠がくっついてる。
 






明らかに、建築物の一部だよなあ。

入口側の石を裏側から見た時と、横から見た時。
 



社というか、倉庫の縦長の小さな窓から、本物の亀石を見ようと覗くと・・・。
 
ないじゃん。出張中かな?

でも、大丈夫。この亀石のレプリカは、上野の国立博物館と、千葉・佐倉の国立歴史民俗博物館で見たもん。
 


上の写真は、国立歴史民俗博物館で撮影。吉備路の古墳や楯築遺跡についてもきちんと展示してるんだけど、今HP見たら2019年春まで閉館中なんだ。
去年行っておいて良かったわい。

公園入口付近にあった、古墳散策路にも行ってみたんだが・・・。

路なんて、ここだけで。あとは荒れた山だ。根っこだらけで、上り下りが大変。

 
ここが多分、一番古墳として分かり易かったが、あとはさっぱり分からん。


ただの山だった。








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 石の宝殿と楯築遺跡・その6 ... | トップ | 石の宝殿と楯築遺跡・その8 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。