落ち着いた大人になろう!

旅行やら映画やらの独り言

したコメ映画祭 吹替え60周年記念上映『名探偵登場』

2016-09-19 22:23:31 | 映画
ご招待だけでは恐縮なので、東京国立博物館にも行きたかったので、当日券購入で観てきた。


月曜洋画劇場放映の吹替えがそのままDVDになっていて、その上映。子供の頃、映画といえば『曜日+洋画劇場ORロードショー』だった世代なので「吹替え」の声優に対する想い入れはある私達の世代。「名探偵登場」は観てないし、役者も声優さんも錚錚たるメンバーだし、ワクワク!
なのに、司会者のお姉さんは若いので、とり・みきが「吹替え」の解説してても、会話が噛みあってない。まあ、しょうがないか。


Wikipediaのコピペで
ライオネル・トウェイン - トルーマン・カポーティ: 謎の大富豪:内海賢二
サム・ダイヤモンド - ピーター・フォーク: サンフランシスコの探偵(『マルタの鷹』サム・スペードのパロディ):小池朝雄
ディック・チャールストン - デイヴィッド・ニーヴン: ニューヨークの探偵(『影なき男』ニック・チャールズのパロディ):中村正
シドニー・ワン - ピーター・セラーズ: カタリーナ警察の警部(『シナの鸚鵡』チャーリー・チャン警部のパロディ):羽佐間道夫
ミロ・ペリエ - ジェームズ・ココ: ブリュッセルの探偵(エルキュール・ポワロのパロディ):滝口順平
ジェシカ・マーブルズ - エルザ・ランチェスター: イングランド・サセックスの探偵(ミス・マープルのパロディ):高橋和枝
ジェームズサー・ベンソンマム - アレック・ギネス: トウェイン邸の執事。盲目:千葉耕市
ドーラ・チャールストン - マギー・スミス: ディックの妻(『影なき男』ニックの妻ノラのパロディ):藤波京子
テス・スケフィントン - アイリーン・ブレナン: サムの助手兼愛人:花形恵子
ウィザース - エステル・ウィンウッド: マーブルズの付き添い看護婦:鈴木れい子
マルセル - ジェームズ・クロムウェル: ペリエの秘書兼運転手:幹本雄之
イェッタ - ナンシー・ウォーカー: トウェイン邸のメイド。聴覚障害者。
ウィリー・ワン - リチャード・ナリタ: シドニー・ワンの養子。日本人:千葉繁



豪華出演者! デイヴィッド・ニーヴンの懐かしい声! ピーター・フォークもコロンボの声だ!マギー・スミスも若い!
脚本はニール・サイモン。

私、内海賢二、好きだったんだ。



役者も声優さんもほとんど、この世にいなけど・・・。

出演者とその役柄と飄々としたブラック・ユーモアで笑わせ、全く飽きさせない。だが、ミステリーとしてはグダグダ。ミステリー映画として真面目にみたら、オイオイという感じ。



設定として、目と、口と耳、身長の不自由な方役柄で、そこで笑いをとってるので、平成の今では、地上波では放映できないらしい。
なるほど。いろいろ大変だ。



映画の後は、とり・みきと羽佐間道夫のトークショー。滝口順平の話とか。面白かったけど、短かった。
午後からもイベントあったけど、それは羽佐間道夫さん以外は、今の声優さん達だったので、もう分からないおばさんはパスさせていただきました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 声優口演ライブ「したコメmee... | トップ | 平安の秘仏 滋賀櫟野寺の大観... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。